学生からの友達とママ友になることで、疎遠に…

学生時代

よくママ友と学生時代の友達は違うと言われます。ママ友は一時的な関係ですが、学生時代からの友達は一生の友だち。

ママ友のトラブルが多い中、そう認識している人は多いのではないでしょうか。

しかし学生時代からの友達がママ友になることで昔の関係ではなくなることが実はたくさんあるのも事実なのです。

学生の頃の友人→ママ友へ

学生の頃は学生という立場が同じで、授業のこと、恋バナや美味しいお店などの話題で盛り上がることが出来ました。

結婚して子供が生まれると、確かにママという立場は同じですが話は単純ではなくなります。

夫の仕事、収入、住宅、子供…状況が似ていれば問題はないのですが、そこで大きな違いが出ると昔のように本音ばかり話すことができなくなってしまいます。

無難に学生時代の話で盛り上がればいいのですが、お互いママとして子供中心の生活をしているとやっぱり昔よりも今の話をしたいのです。

仲が良かったはずなのに

私も学生時代とても仲が良かった友人がいました。卒業して10年以上経ち、お互い結婚、出産。久しぶりに会ったその友人から見た私は、とても幸せで悩みのない羨ましいママに見えたようです。

私の夫は普通のサラリーマンですが、彼女の夫は不安定な収入。そこに不安を感じていたようでした。私も私なりに色々なことで悩み彼女に話を聞いて欲しかったのですが、彼女の心には「でも幸せなんでしょ」という思いがあったようです。

私は彼女を失いたくなかったので反論しませんでしたが、距離を置かざるを得ませんでした。

昔のように彼女と笑い合える日々が来るのか、今は分かりません。

ちょうどいい距離

ママ友と長く付き合うコツは、ちょうどよい距離を保つことです。あまり深入りせずお互い必要以上に詮索しない、それがトラブルに繋がらないことだと思っています。

ただ昔仲が良かった友人だと、もともと距離が近かったりするため、そのちょうどよい距離が保ちにくいのです。

昔の感覚で相手の領域に踏み込んでしまう、すると知らない方が良かったことも知ってしまって勝手に傷ついてしまいます。

少し寂しいことですが、お互いママになったら少し一歩引いて、相手の状況を理解して話をすることが大切です。

今回の話は全ての昔の友だちに当てはまるわけではありません。良い関係を保っている友人ももちろんいます。

大切な友人とママ友になったことで疎遠にならないように状況を見極める力が必要なのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳 主婦ライター 夫と小さな子供と暮らしています。 子育てに奮闘しながらママ友について悩むことも多い日々。 同じ立場のママの皆さんに少しでもお役に立てるような記事を書くとともに私の経験や思いを綴っていこうと思っています。