親にとっても大切な時期。子供の受験をめぐる争い

小学生

子供がどの学校に進もうと、本来は親同士にはなんの関係もないこと。

しかし、そううまくは割り切れないもので、ついついよその子と比べて焦ったり、優越感を感じたりしてしまうんですよね。

子供の受験は、親にとっても一大事。無難に乗り切るためには、どのような心がけでいればよいのでしょうか?

ママ友と一緒に行動しない

ママ友の中には、どんなときでも誰かと一緒に行動したがる人がいるものです。

でも、学校の行事やランチと違い、受験に関しては別行動したほうが無難です。

なぜなら、家族会議で話し合って「うちはこうしよう」と決めていてもママ友と一緒に行動するうちに「やっぱり、うちもそうしようかしら」と判断が曖昧になってくるからです。

子供がせっかく目標を決めて頑張っているのに、母親の気持ちが揺れてばかりじゃ集中できませんよね。

ママ友との情報交換は、程々にしておきましょう。

わが子をよその子と比べない

どんなに仲のよい親友同士でも、学力まで同じとは限りません。

そんなことは分かりきっているのに、いざママ友から「うちの子、○○高校を受験するの」と、自分の子供が受ける学校よりもレベルの高いところの名前を出されると、とても穏やかな気分ではいられないんですよね。

イライラして、子供に当たり散らしてしまった……という経験をした人もいるのではないでしょうか?

子供は、ただでさえ友達より学力が劣る自分にコンプレックスを感じています。

そんなつらい気持ちを受け止めてあげるため、親はドンと構えているようにしましょう。

足の引っ張り合いに注意!

めったにないことですが、わが子を合格させるため、偽の情報を流してライバルを陥れようとする人もいないわけではありません。

評判を気にする私立校では、わざわざ電話やFAXを使って、根も葉もない悪評を先生方に吹き込むなんてケースも。

これを防ぐには、ママ友のプライドを刺激しないことが大切です。

どんなにテストの点がよくても、偏差値が上がっても、それをママ友に話してしまうのはやめましょう。

子供同士でそういう話になるのは仕方ありませんが、ママ友同士ではどうしても自慢ととられかねず、危険です。

落ちてしまったときのために心の準備を

たとえ十分に合格するだけの実力を持っていたとしても、受験当日にはどんなハプニングが起こるか分かりません。

風邪をひいて熱を出し、頭が朦朧としてしまうかもしれないし電車が遅れたり、受験票を忘れたりするかもしれません。

緊張のあまり、実力を出しきれないこともあるでしょう。

ですから、母親も「もしかしたら落ちるかもしれない」と覚悟しておくことは大切です。

そして、ママ友の子供だけが合格したとしても、妬んで悪口を言うことはやめましょう。

そんなことをしても何の解決にもならないばかりか「自分が落ちたせいで、お母さんは傷ついているのだ」と、子供に余計なプレッシャーを感じさせることになってしまいます。

まとめ

受験は、親子一丸となって取り組む戦いです。

どんなに努力しても、必ず良い結果が出るとは限らないだけに、合格を手にするまでは焦りや不安でイライラしてしまうでしょう。

だからこそ「うちにはうちのやり方がある」と孤独を貫く覚悟を持ってください。

ただでさえ不安で揺れ動く時期。ママ友の言動に振り回されていては、受験に勝つことはできません。

「お母さんがついているわよ!」と、ドンと構えていてあげてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!