“地味ママ”のどこが悪い!? ママ友の嘲笑を気にしないための方法

地味なママ

ママ友の世界はまさしく「女の園」。お互いに自分がどのレベルにいるのかが気になり、地味なママはどうしても見下されてしまう傾向があります。

だけど、それもあなた自身の大事な個性! 気にしないようにするためのスキルを身につけましょう。

なぜ、地味ママが見下されるのか?

それはズバリ「女として頑張ってないように見える」からです。全く余計なお世話ですが、お金も時間もかけていつもキラキラしていないと見下し対象にしてしまうママがどこにでもいるのですよね。

また、このタイプのママは1人で行動することは恥だと思っているので、似たような考え方のグループで行動し、気に入らない地味ママを攻撃するケースも少なくありません。

しかし、地味ママは地味ママで、なにかポリシーがあってそうしているはず。

もちろん「おしゃれが面倒だから、毛玉だらけの服でノーメイク」なんて人は別の意味で問題がありますが、髪や服装をきちんと整え、落ち着いた生活をしているのであれば、何を言われても気にする必要はありません。

おしゃれにはお金がかかる

地味ママと蔑まされることに耐えられず、頑張っておしゃれを始める人もいますが、その行動、本当に正しいですか?

確かに、今までよりも堂々と振る舞えるようにはなるかもしれませんが、地味なママが急におしゃれになるとそれはそれで陰口の対象になるし、第一、出ていくお金が一気に増えますよね。

よほど高収入の家庭ではない限り、一家の主婦が自由にできるお金はそんなに多くないはずです。

ママが見栄を張ることによって、しわ寄せが行くのは夫と子供。食卓からおかずが一品減ったり、外でのお付き合いを頑張るあまり家事が疎かになったりしては本末転倒です。

ママが頑張るべきなのは、家族を幸せにすること。しょせん一時のお付き合いでしかない相手の目を気にして家庭を疎かにするのはやめましょう。

本当のことは誰にも分からない

華やかなママは一見なんの苦労もしてなさそうに見えるし、本人もあえてそのように振る舞っています。しかし、本当のことは誰にも分かりません。

夫との仲がうまくいっていないストレスを着飾ることで発散しているのかもしれないし、地味ママにイライラするのは、本当はその堅実な暮らしぶりが羨ましいのかもしれません。

ですから、もし華やかママにバカにされたとしても「この人にもなにかストレスがあるのかもしれない」と捉え、言葉や態度をそのまま受け取らないことが大切です。

「傷つけてやりたい」という気持ちがあるのは確かなのですから、それで落ち込んでしまっては相手の思うツボ。ますます執着されてしまいますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!