子供に甘すぎるママ友。もっとちゃんと躾けてほしい!

ワンパクな子供

近所に住んでいるママ友は、子供に甘く、叱ることができません。

「優しいお母さん」なのはいいけれど、叱られないのをいいことに助長してしまう子供が、近所の子供たちをいじめたり、いたずらをしたりするので困っています。

叱らない子育てって理想だけど…

たまりかねて「あなたからも○○君に注意してくれない?」と言ってみたこともあるのですが、困ったような顔をして「でも、うちは叱らない育児をしてるから」と返されただけでした。

先日も、その子が近所のおうちの飼い犬の首輪を勝手に外し、犬が逃げ出して行方不明になってしまうという事件がありましたが、当の本人はブスっとして謝りもせず、ママ友はただオロオロして「すみません」を繰り返すばかり。

結局、犬が自分から帰ってきて事なきを得ましたが、飼い主さんは心配で夜通し探し回っていたそうです。

もちろん、親子が犬探しを手伝うことはありませんでした。

周囲が手を焼く子供

そんなこんなで、すっかり住民たちから不信感を持たれ、避けられることも増えてきた今日この頃。

私も、なるべく関わらないようにしようと遠巻きにしているのですが、○○君は相変わらずのやんちゃぶりを発揮し大人たちはピリピリしています。

特に、まだ小さい子供を持つ人は、いつ○○君に危害を加えられるのかと気が気ではないようです。

学校の先生もかなり手を焼いているようで、被害にあった子の親が相談に行くと「またですか……」とため息をつき、憔悴しきった様子だったと聞きました。

うちの子は○○君と同じ学年・同じクラス。

性別が違うのでそれほど接点はありませんが、やはり登下校のときなどちょっかいを出されます。

後ろから蹴られてお気に入りのワンピースに泥がついたこともあったし、何もしていないのに急に頭を叩かれるなど日常茶飯事。

集団登校に付き添う親の当番は週一回なので、大人の目が届かないときを狙ってそういうことをするのです。

だから、自分が悪いことをしているというのは分かっているんですよね。

昔教師をやっていた近所のおばあさんは、「もしかしたら、あの子は淋しいのかもしれないよ」と言っています。

ああして悪さをやめないのも、母親にもっと真剣に向き合ってほしいからだと。

子供が大切なら叱ることも必要

子供を感情に任せて怒鳴るのはよくないけれど、悪いことをしたときは、きちんと注意しなくてはなりません。

子供も、お母さんが自分を憎くて怒っているのではないということぐらいちゃんと分かります。

どんなに悪さをしても叱ってもらえない○○君は、「自分は本当に大事に思われているのだろうか」と不安で、気を引くために悪いことをするのかもしれません。

でも、肝心の母親があの調子では……。

近頃では、学校帰りにまっぐ家に帰らず、途中にある公園でぽつんとベンチに座っている姿も目撃されています。

「嫌な子」と避けるだけではなく、私たち周りの大人も、何か力になってあげられたらと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!