疲れる……常に一緒に行動したがるママ友

一緒に行動したがるママ

なぜか、どこに行くにも一緒に行動したがるママ友っていませんか?

たまにならいいけど、行事のたびに「一緒に行こう」と電話がかかってきたり、しょっちゅう遊びに誘われたりすると疲れてしまいますよね。

なぜ、そこまでして一緒にいたいのでしょうか?

「一人」は恥ずかしい

いつも誰かと一緒にいたがる人は「一人=友達のいない人と思われる」という恐怖心が強いものです。

実際は、みんな自分や子供のことで精一杯で、他人が一人でいようと群れていようと気にしません。

でも、一人でいられない人は、そのことにこだわるあまり一人でいる人が目について仕方なく「あの人はいつも一人ぼっちでかわいそうだ。自分はあんな風にはなりたくない」と、一緒にいられるママ友作りに躍起になるのです。

子供の友達を確保したい

まだ小学校に上がる前の子供の友達関係は、親同士の関係に影響されやすいものです。

幼稚園にいる間は気の合う子同士で楽しく遊べても、降園後にお互いの家に誘い合ったりするときはどうしても誘われにくいし、親同士の会話を聞いていて親が嫌っている人の子供とは遊ばないようにする子もいます。

そのため、内心はその人のことがどんなに苦手でも、自分の子供と仲良くしてくれる子を確保するため、常に一緒に行動して輪から外れないようにするのです。

依存心が強く、自立できていない

一人でいられない人は、依存心が強いものです。

そのため、ただ一緒に行動したがるだけではなく、すぐにママ友に頼ってしまって迷惑がられることも少なくありません。

たとえば、どこかに行く度に車に乗せてほしがったり、ちょっと調べれば分かることを質問してきたり。

たまにならいいけれど、しょっちゅうこの調子では嫌になってしまいますよね。

でも、本人はそれを「コミュニケーション」「甘え上手」であると勘違いしているため、それとなく注意しても直りません。

かといって、きっぱり断ると根に持って逆恨みするので、このタイプのママ友と付き合うととても疲れることになります。

上手な対処法

このようなママ友とうまく付き合っていくためには、毅然とした態度を崩さないことが大切です。

できることはしてあげれば良いですが、自分の時間を犠牲にしてまで合わせる必要はありません。

行事に誘われたときも、あいまいな返事をせず「ごめんね。場所取りもしたいし、今回は一人で行くわ」ときっぱり断りましょう。

そして、園や学校で顔を合わせたら、軽く立ち話でもすれば良いのです。

逆恨みされないコツは、真正面から向き合うこと。言葉ははっきり、でも丁寧な言い方を心がければ「仕方ないか」と素直に引き下がってくれるはずです。

くれぐれも、迷惑だと思っていることは悟られないようにしてください。

まとめ

依存は「束縛」と言い換えることもできます。

いつも誰かと一緒にいたがる人は、自分がのけ者にされることが怖いので、あなたを孤立させて自分に縛りつけようとするかもしれません。

これを防ぐためには、なるべく多くの人と広く浅く交流しておくことが大切。

「私はあなたとだけお付き合いするつもりはないの」という態度を貫きましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!