面倒なことは絶対にしない。役員を押し付けてくるママ友

学校

毎年春になると行われるのが「役員決め」。ママ友同士で根回しして「同じ役をやりましょうね」なんていうのは序の口で、中には特定のママをターゲットにして面倒な役を押し付けようとする人も……。

周囲ともめることなく、スマートに乗り切るにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは引き受けてみる

まだ一度も役員をしたことがないのなら、とりあえず引き受けてみましょう。

みんなが嫌がるからとても大変という認識があるかもしれませんがどんな人でもできるような内容であり、やってみればそれほど難しくはありません。

また、思いきって飛び込んでみることで世界が広がり、気軽に情報交換のできるママ友が増えるというメリットもあります。

先生にも顔を覚えてもらえるので、子供に何かあったときも相談しやすいですよ。

無理やり役員を逃れても良いことはない

毎年、どうしてもやりたくなくて「仕事があります」「介護をしなくてはいけないので」などと、あれこれ言い訳を並べて役員を逃れようとする人がいます。

中には嘘をつく人もいるのですが、狭い地域に暮らしているのですからすぐにばれます。

「あの人、仕事が忙しいって言ってたのに、しょっちゅうランチしてるのよ」なんて不名誉な噂が流れるだけなので、絶対にやめましょう。

本当に忙しい場合でも「できる範囲で協力させていただきます」と、前向きな姿勢を見せることが大切。

その上で、自分にもできそうな仕事を割り振ってもらえば良いのです。

ママ友に押し付けられそうになったら

ママ友の中にはちゃっかりしている人がいて、おとなしいママや、嫌と言えない気の弱いママを狙って、役員を押し付けようとします。

また、投票制をとっているところでは、こっそりメールを回して、気に入らない人に投票させようとすることもあるのだから恐ろしいですね。

すでに役員を経験しているなど、断れる理由がなければやるしかありません。

しかし、去年も役員をやったのに、また今年も選ばれそうなどというときは、泣き寝入りせず、きちんと意思表明をしましょう。

あなたに役員を押し付けようとしていた人とはこれがきっかけで、ぎくしゃくするかもしれません。

でも、そんなずるい人と仲良くしていて何かいいことはありますか?

悪口を言いふらされても大丈夫。周囲の人もよく見ているので、どちらが正しいのかはちゃんと分かってくれます。

まとめ

役員決めは、本当に頭の痛い問題です。

でも、子供がお世話になっている以上、親も協力をするのは当たり前のことではないでしょうか?

誰かに押し付ければ一年間楽ができますが、その代わり、周囲の人や先生からは信頼されません。

また、逃げ回っていた分印象が悪くなって反感を買い、最後に責任の重い仕事をやらされることだってあるのです。

面倒でも、まずは快く引き受けてみましょう。子供も、そんなお母さんの姿をきっと誇らしいと感じるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!