食物アレルギー

食事

赤ちゃんが離乳食を食べるようになると、気になりだすのが食物アレルギーです。

食物アレルギーとは特定の食物に対してアレルギー反応を示し、下痢、嘔吐、じんましん、湿疹、気管支ぜんそくなどの症状が出るものです。

アレルギーの原因になる可能性が高い代表的な食品には、卵、牛乳、小麦、ゼラチン、果物、そば、ごま、ナッツ類などが挙げられます。

注意が必要な食品

これらを食べさせるときは注意が必要です。

特に卵と牛乳はたんぱく質でできており、腸が未熟な赤ちゃんは消化が追い付かず、アレルギーを引き起こしやすいと言われています。

卵は卵黄と卵白の異なるたんぱく質でできています。卵白のたんぱく質の方が食物アレルギーを引き起こしやすいと言われています。

そこで卵の場合は卵黄から少しずつ食べさせ始めます。

牛乳の場合は、ミネラルやたんぱく質が多いため赤ちゃんにとっては消化することが難しく、腎臓にも負担がかかります。

1歳前までは直接飲ませずに、調理に使う程度にとどめるとよいでしょう。

食物アレルギーには油断は禁物です!

食物アレルギーは一度食べさせて大丈夫だったからといって油断してはいけません。二度目、三度目でもアレルギー反応を示すこともあります。

まずは、少量から始めてアレルギー反応があるのかどうか慎重に見極めなくてはなりません。

両親がその食品に対してアレルギーを持っていなかったとしても、子供にアレルギーがないとは言い切れません。

また、一般に両親がアレルギー体質の場合、遺伝によって子供もアレルギー体質になることがあります。
アレルギーの素因を持っている可能性が高いと言えます。

ただし、アレルギーの素因を持っているからと言って症状が出るとは限りません。

血液検査によってアレルギーを引き起こす抗体を持っているかどうかが調べられます。

しかし、そのものに対する抗体を持っていても症状として現れなければ食物アレルギーとは言いません。

血液検査のみでは判断できないのです。

うちの子供には小麦アレルギーがあります。

私はある植物に対してのアレルギー性鼻炎がありますが、主人はと言うと、特別にアレルギーはありません。

そして私たち二人とも食品に対してのアレルギーは全くありませんでした。

しかし、子供が8カ月の頃、初めてパン粥を食べた時にひどいじんましんが出て、アレルギーであることがわかりました。

その時は、食パンの原材料は小麦であり食物アレルギーを引き起こすことがあることは頭にありましたが、見る見るうちに全身に広がるじんましんにパニックになりました。

午後の診察が始まると同時に病院へ行き、血液検査を受けて薬をもらいました。

採血中の子供の泣き叫ぶ声にはこちらも涙が出そうになりました。1週間後、検査の結果が出て小麦に対するアレルギーがあるとわかりました。

それからは、医師の指導の下、少量ずつ食べさせる練習をしています。

このアレルギーに対する治療は医師によって違いがあるようです。完全除去を指導される方もいるようです。

成長とともに

お子さんが食物アレルギーと診断されたときに、一番気になることはそれが治るのかどうかということだと思います。

赤ちゃんの時に食物アレルギーが出たとしても、1歳で50%、2歳で75%、3歳で90%が治るとも言われています。

成長とともに腸の働きが高まることが要因とされています。

この数値には期待がもてます。私も成長とともにわが子のアレルギーが治ることを期待しています。

神経質にならず、いつかは治るだろうと長い目で見て子育てをしています。

小麦でできたものにはケーキやお菓子など子供が好きそうなものがたくさんあります。

いつかは食べられる日が来るといいなと願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!