正しいおやつ習慣で、すくすく育て!

おやつと聞いて、どのようなものを思い浮かべますか?あめ・ガム・スナック菓子・・・

おやつと聞くだけで、ちょっとわくわくしませんか?子どもにとっておやつは誘惑のかたまりです。

しかし、おやつばかり食べて食事をしっかり取らない、おやつの好みが激しい、おやつの時間がバラバラ、何をあげていいのか困る・・・とおやつの悩みを抱えている親は多いようです。

おやつって、何?

乳幼児健診で、子どもにはおやつをしっかり与えるよう教えられたり、漠然と子どもにはおやつを与えるものと思っていたりしていませんか?

子どもにとって、おやつとはそもそも何なのでしょうか。

大人にとって、おやつは食べなくても健康を害するものではなく、必要ないものです。 むしろ、ダイエットの敵とも考えられ、不要なものという見方が強かったりします。

子どもは大人に比べて、体が小さく胃も小さいことから、1日3度の食事では成長に必要な栄養をとることができません。

そのため、栄養をおやつという形で、補給する必要があります。したがって、子どもにとって食事と並んで、おやつは成長に必要なものなのです。

何を、どうやって与えたらいいの?

子どものおやつで忘れてならないのは、栄養分の補給だという点です。食事で足りない栄養素を補うチャンスの場なのです。

よって、子どものおやつは、いわゆるお菓子だけではありません。おにぎりやスープ、焼きそばといった軽食や果物、チーズ、焼き芋・・・と何でもOKです。

子どもの虫歯やカロリー・塩分・糖分の過多を考えると、お菓子よりちょっと面倒かもしれませんが、軽食タイプの方がお勧めです。

おやつをわざわざ準備する必要はないのです。おやつの本に出てくるような、立派なものを用意する必要はありません。

市販品である必要もなければ、手作りである必要もなく、子育てで忙しい親の負担を増やす物は必要ありません。親が、楽なもので良いのです。

夕食のご飯が余ったらおにぎりを作っておく、余っている食材を煮てスープにするといったもので、十分です。

おやつは食事を補うものですから、3度の食事の間にあげましょう。

おやつの時間を決めずにだらだらあげてしまうと、口の中が常に汚れた状態となり、虫歯になりやすくなってしまいます。

おやつと聞くと、多くの子どもが喜ぶと思います。しかし、いくら食べる量が増えてきても、一人でできることが増えても、子どもは子どもです。

おやつは食事と同じように、親が管理することが必要です。

おやつは親が準備してあげよう!

おやつの準備は親が主導で行うことで、子どもに適量を教え、正しい食生活を教えましょう。近年、子どもの肥満や成人病が問題になっています。

肥満や成人病は、食生活の乱れが一因であることは間違いありません。小さいうちに、正しい食生活を身につけ、肥満や将来の成人病を予防しましょう。

まず、気をつけたいのは量と時間です。おやつを食べ過ぎて、食事が食べられないのでは、本末転倒です。

次の食事までの時間を考えた量にしましょう。少食の子には、おやつを少なめにして、食事までにお腹を空かせるようにしてもいいでしょう。

タイムスケジュールが管理しやすい乳幼児期は、おやつの時間を決めると良いでしょう。

学校から帰ってくる時間が、毎日、バラバラだという子には、時間によって食べる量の調節をしてみましょう。

おやつの内容も、できるだけ子ども任せにしないようにしましょう。共稼ぎのお家は、朝、おやつを用意して出勤するのが理想です。

おやつは補助食です。おやつも食事の一種と考え、食事と同様に、楽しく食べられる雰囲気を作ってみしょう。

大人はおやつは不要で、おやつの習慣がないという人も多いと思いますが、子どもの幼稚園や学校の話を聞きながら、一緒に食べるといいかもしれませんね。

おやつを食べたくないという人は、せめて、子どもと同じテーブルを囲む努力をしてみてください。

家事をこなしながら、子どもの話を聞くより、いろいろなことが聞けそうですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!