こどもの今を残そう

歩道橋

こどもが生まれてからというもの、かわいさゆえに写真を撮り続け、デジカメのデータがいっぱいになったらパソコンに移し、とりあえず保存したからこれで安心♪

…と、カードのデータを消してまた撮って保存して・・・気がつけば何百枚、何千枚もの重たいデータボックスになっていた!なんてことはないですか?

気軽に撮れ過ぎる写真 手が付けられない状態に…

デジカメ世代の今、特別な日だけではなく、日常のこどもの姿を捉えて撮影する人が増えました気がします。

ただ、同じような写真が選ばれないまま何枚もストックされていたり、写真をお友だちや保育園などからいただいてそのまま封筒に入っていたりと、時がたてばたつほど増え続け、手がつけにくくなる思い出の品となっている人も多いはず。

こどもの写真を捨てるのは親として勇気のいる作業ですが、似たような写真やデータは出来るだけ早いうちに処分し、厳選された物だけを整理して、心もパソコンもすっきりさせる事が大切です。

フォトブックのすすめ

そこで、毎年一冊、こどもの成長記録としてフォトブックを作ってみてはいかがでしょうか?

最近ではコラージュなどで飾り立てたフォトアルバムが人気ですが、かさばりたくない・長年続けていく自信がないという人は、ざっくりシンプルなフォトブックでいいと思います。

インターネットで「フォトブック・フォトアルバム」と検索すれば、どこにしようか迷うほどの検索結果が出てきます。

シンプルなレイアウトならば、選んだ写真をそのまま選択して貼り付けるだけの簡単さで、何ページものフォトブックが簡単に作れます。

ページ数も決められてたくさんの写真をのせる事ができるので、何年かに一度制作でもいいかもしれませんね。

データとして残っていてもなかなか見ない写真が、本にすることでいつでも手にとって開け、見るだけで元気になれたり話のネタになって盛り上がれたりするのです。

フォトブックを制作するにあたってしておかなければいけないこと、それはデジカメで撮影した「データとして残っている写真」です。

価格の安いネットプリントで大量に印刷する事も可能ですが、それだけでは結局整理せずに終わる可能性が高いですよね。

残しておきたいけど印刷するほどではないという写真も多いと思います。

残しておきたいと思うデータは月別か年別でフォルダーを作り、ディスクに焼くなどして永久保存にしてしまいましょう。

その中で、フォトブックに載せたい!と思えるデータだけを別のフォルダーにコピーをし、フォトブックの制作をはじめましょう。

フォルダー分けをしてしまえば、後はまとめてフォトブック制作に入るだけなので、気持ちにも余裕が出来ます。

手作りフォトアルバムとして

フォトブックの制作では文章も入力でき、写真にあったコメントや子どもに向けてのメッセージなどが残せるので、将来、字が読めるようになったこどもがフォトブックを手にとって開いた時、きっと心に響くこと間違いなし!です。

すでに、写真として印刷した物が手元にある場合は、市販のアルバムに収納する事で解決!となりますが、少し頑張って、インテリアの雑貨感覚でスクラップブッキングの手作りフォトアルバムを作ってみるのもいいかもしれません。

こどもが小さいうちは仕方がありませんが、ある程度大きくなってハサミが使えるようになったり絵が書けるようになれば、一緒に楽しみながら作る事もでき、絵の作品まで思い出としてスクラップできるという一石二鳥さです。

子どもの成長記録はいろいろな形で残すことができますが、あっというまに大きくなるこども達との毎日を大事に記憶したいなら、撮って書いて残してあげるフォトブックは自分の為にもこどもの為にも作る価値大だと思います。

思い出と成長を刻んだ一冊が毎年毎年増えていく楽しみは、きっと制作する苦労なんて吹き飛ばすステキ物になるとおもいます。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!