信頼できるかかりつけの病院を見つける

兄弟

子供がいて心配なことの1つというば、病気ではないでしょうか?特に急な高熱や嘔吐やひきつけを起こすと、慌ててしまいますよね。

小さいうちは、それを表現することが難しいので、親として適切な判断を要することになるでしょう。

救急外来は深刻性がなければ応急処置として

体調が悪そう、どこか痛がっている、熱がある―――。何かの病気なのかということは、子供の様子を見て判断していることでしょう。

特に夜間に高熱がでた場合などは、親としてはかなり慌てますよね。救急外来の病院をさがすことも、時にはあるかと思います。

ですが救急だけあって、そこは通常時の子供の状態を把握できるものがありません。深刻な症状が見当たらなければ、薬を処方するなど応急処置をするだけにとどまることが多いでしょう。

処方される薬も2日分程度として、かかりつけ医に行くように話されることも多々あります。

症状は適切に、落ち着いて説明を…

症状がひどく病院が空いていない夜間などの場合は救急外来は、大きな拠り所。頼みの綱となるでしょう。

ましてや、状態の良くない我が子を見ると、時に親は心配のあまり慌てふためくこともあるのではないでしょうか?

ですが、適切な処置をするためには、親の適切な説明が必要です。

救急外来の医師は、かかりつけ医に渡すバトンを万全のものとするために、親から具体的な症状を聞き処置したいのです。

ですので、いつからどのような症状がどの位続いているかと、冷静に話すことが大切です。

信頼できる小児科を

子供が小さいうちは、小児科にお世話になる機会が多々あるかと思います。特に理由がない限りは、きっと何年もの間、同じ小児科医とのお付き合いになるでしょう。

幼稚園で溶連菌感染症が流行している。夏にはヘルパンギーナに掛かってしまった。小学校ではインフルエンザ…。集団生活を送る子供たちは、何かしら病気にかかるきっかけが多いと思います。

その他にも、喘息やアトピー・アレルギーなど、さまざまな病気で病院に掛かることもありますよね。

そういった際に、いつもお世話になっている病院の医師との信頼関係があれば、これほど大きく頼りになる存在はないでしょう。

高熱を出し苦しむ姿、喘息で咳がひどい子供などの症状を緩和させてあげたいという気持ちは、きっと親なら誰もが思うところ。

ですが、やはり親だけでは何とかなるものではないのが悲しいところです。

優しい口調の小児科医、多少厳しいことを話す小児科医、さまざまな性格の医師がいます。

どのような医師であっても信頼できる存在ならば、安心して子供を診てもらえることと思います。

そのためには親は適切な説明を心掛けましょう。そして医師はそれを聞き、適切な処置をして欲しいですね。

いわば連携プレイの形となれば、子供自身も安心して掛かることができるのではないでしょうか?

子供に何かあったとき、真っ先にお世話になるからこそ、もしも信頼関係を築けなさそうな場合は他の病院を探すことも必要かと思います。

病は気からといいますが、安心と信頼が回復に繋がることも大きなものではないでしょうか?

子供そして親が不安にならぬよう、医師との信頼関係を築ければ良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!