集合住宅での子供の騒音問題について

赤ちゃん

結婚して子供が産まれ、賃貸の集合住宅に住んでいるというご家庭も多いかと思います。

もしそこが防音効果が施されていれば、上下階や隣の部屋同士の物音は気にしないかと思います。

ですがそうでなければ、子供の出す音がうるさく感じてしまう周りの世帯、そして母親自身が敏感になってしまうこともあるのではないでしょうか?

集合住宅の問題点『騒音』

仮に木造のアパートですと、コンクリ-トに比べて上下左右の部屋の音が聞こえやすいでしょう。

足音1つでトラブルに発展することが多いのも、悲しいながらに現実として起こりがちです。こういったことから、まだ小さな子供を抱えての生活はとても大変ですよね。

もし音に敏感な人が上下隣に住んでいると、きっとその人にとって子供が出す物音というのはストレスに繋がってしまうのかもしれません。

これまた悲しいことながらに、そのようなトラブルを回避するために、はじめから子供がいる家庭は入居を断るという物件もあるといいます。

子供の誕生そして成長は大変喜ばしいことながらも、このようなことを考えながら子育てをすることは、何だか残念に思えてしまいます。

子供の足音や泣き声への苦情

気をつけていても、子供が出す音というものは必然的といっても過言ではありません。泣き声や足音、玩具で遊ぶ音など、案外と大きなものです。

必然的ながらも、そう思っていられないのが物音を出してしまう側の親御さんではないでしょうか?

上下階や隣の住民、また管理会社を通しての「もう少し静かにしてください。」との苦情。母親同士で「とうとう、うちも苦情が入っちゃったよ…。」そんな会話もあることと思います。

子供と家にいる時間が長い母親なら、そういった苦情がくると余計に神経質になってしまう人も少なくありませんよね。

音を出さないための対策

小さな子供がいる世帯、受検を控えた子供がいる世帯、子供が巣立ち夫婦2人だけの世帯、独身の1人世帯、老夫婦の世帯。

集合住宅という建物は、さまざまな世帯が住んでおり、それぞれに事情があります。

必然的な子供が出す音でも、出来る範囲での対策は必要となるので、そうしている親御さんは多いことと思います。

これから子供が産まれるから1階に住むという人もいれば、すでに上階に住んでいるからカーペットを敷いたという人もいます。

また夜にぐっすり眠れるよう、日中に公園で思いっきり遊ばせているという母親も…。

多くの親御さんが、近隣の住民に迷惑を掛けぬよう、そのような配慮をしていることでしょう。

子供の出す音が気になり苦情をいう人がいることも確かです。ですが、そのような苦労を見守るように見てくれている近隣住民がいることも確かなのです。

世帯は違うものの、一つ屋根の下に住んでいる住民同士が互いに気持ちよく暮らしていけたら良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!