イクメンの今

イクメンは今とても増えてきていますが、そんなイクメン育児の不便なところ、これからどうなっていくともっとイクメンにとって便利か考えてみましょう。

イクメンにとって一番不便とされるのがトイレにあるベビーベッド。

女子トイレにはベビーベッドやおむつ交換台が設置されてることが多いですが、男子トイレにはなかなかベビーベッドが設置されていないですよね。

イクメンを応援するお店

イクメンブームになってからイクメンを応援するお店も増えて男子トイレにおむつ交換台やベビーチェアなどが設置されるところも増えましたが、まだまだ女性トイレにあるところが多いです。

今は多目的トイレの設置なども多く、車椅子の方だけでなく子持ちの方も入れるようになっていてイクメンたちは多目的トイレでおむつを交換する機会が多いようです。

大きなショッピングモールや商業施設になると授乳室が設置されていますが、男性は入室禁止になってるところも多いですよね。

しかし、男性禁止にされてしまうともちろんイクメンは困ってしまいます。

授乳室は授乳だけでなく、ミルクのためのお湯が設置されていたりおむつを交換できる台があったりととても便利なのでイクメンたちも使いたいはず。

しかし、授乳室と一体化してることで男性の入室禁止というところも多いのです。

それでも近年は、授乳室の入室が禁止なだけで赤ちゃんルームなどと様々な名称が付けられイクメンも利用できるようになっているところもあります。

イクメンだけで子供を連れてお出かけしてるときなどはとても重宝されているようです。

イクメンにとっておむつを交換する場は死活問題。 おむつをどこで交換するかを考えてお出かけプランを立てなくてはいけませんね。

今はインターネットの時代ですから下調べをしてからお出かけすると良いですね。

立っておむつを替えられるくらい成長したるのであれば足元に敷くおむつ交換シートなどを持っていくことでそういった心配は改善されるかもしれません。

イクメンの育児にも生活のちょっとした知恵でつごく快適になることもあります。

母子手帳

そしてイクメンにはちょっとした希望が。それは母子手帳。

母子手帳ではなく親子手帳に変えてほしいという意見やパパ手帳も欲しいといいったリクエストの声も聞かれます。

確かに母子手帳ではママと子供という特化した印象を持ちますね。イクメンが母子手帳を持ち歩く…というのは矛盾さえ感じてしまいます。

今は女性が働いてイクメンが育児をするという家庭も増えてきていますから、母子手帳ではなく今後は親子手帳などという名称に変わることになるかもしれませんね。

母子手帳の内容はとても重要なことですし赤ちゃんの頃は持ち運ぶという人がほとんどですからそういった気遣いは必要なのかもしれませんね。

妊婦さんが妊婦だとわかるようにつけているパッヂがありますが、イクメンを記すバッヂなども個人で製作してつけているイクメンたちもいます。

自分は新米のイクメンですという明記があることでママさんたちから声をかけられたり公共の育児サロンなどに参加しても理解をもらえたりするそうです。

イクメンやってます!ということを全面的に出しているイクメンたちは増えていてブログやツイッターなどのSNSで自分はイクメンだとアピールしたくさんの情報を入手する手段として活用しているそうです。

ママにはママ友というようにパパにもパパ友を作る時代で、パパ友たちの交流の場としてそういった場所を活用してる傾向にあります。

まだまだママ友サークルやママカフェのようなものもイクメンには少ないのでインターネットを活用して輪を広げているのですね。

イクメンと休業

イクメンの一番の不便はやはり休業の部分でしょう。まだまだ理解をしてくれない会社が多く、法的に守られていても会社はOKしてくれないという現実が多いようです。

理解してくれる会社ももちろんありますが、一般的にはまだまだ難しいとされています。

もっともっと国が働きかけイクメンの仕事のあり方について強制力を持ってくれたら…というのが今後の課題かもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!