イクメンの傾向とこれからのこと

雪遊び

イクメンが大きな支持を集めているのは一体何故なのでしょうか。

イクメンとは育児を率先して行う父親のことを意味し現代の家庭における理想的な父親像の一つとされています。

最近できた言葉『イクメン』

イクメンという言葉ができたのはごく最近の話です。

ある政治家によるイクメンの普及に関する発言や芸能人のイクメン活動などによってこの言葉が一気に広まることになりました。

これによって一般家庭の中からイクメン活動を行う人たちの数が増えた訳ですが、実は昔からイクメンのように子育てを中心とした活動を行う人たちというのはいました。

ただ、現代のようにプラスのイメージで見られることはほとんどなかったようです。

イクメン環境を妨げている固定概念

これは女性が子育てや家事をするという固定概念による影響が強かったことが原因だとされています。

この固定概念は男女平等参画社会基本法といった法律の改正によってある程度緩和されたとは言えまだまだ世間に定着してしまっているのが現状です。

また、これらはイクメンの家庭をつくりだすための環境を妨げているとも言えます。

これから国内におけるイクメンの数を増加させたいという場合はこれらの固定概念を完全になくすことを考えなければなりません。

そして、イクメンとしての活動がしやすい環境をつくることも大切でしょう。イクメンという言葉の意味は割と曖昧です。

例えば、本来イクメンとは育児を積極的に行う男性のことを意味するのですが、育児を率先して行おうと意識する男性に対しても使用されることがあります。

このように曖昧な定義になっているのは育児休暇をとるための環境がまだまだ整備されていないことが原因だと言えるのではないでしょうか。

育児休暇をとるなどして会社を休むことができれば子供の世話を積極的に行うことが可能になります。

しかし、現状では男性が育児休暇をとることは非常に難しいです。

そのため、子供と多少の触れ合いを持つだけでもイクメン活動の一貫として見られることが多くあります。

これによって大して育児を行なっている訳でもないのにイクメンを自称してしまう父親というのが増えてしまう恐れがあるのです。

この問題を防ぐためには父親が育児休暇をとりやすい環境をつくりだすか、イクメンという言葉の意味を固定させる必要があるでしょう。

イクメンという言葉が定着したことによって父親が子育てを率先して行うようになる家庭が増えるなど様々なメリットがもたらされました。

しかし、同時に新たな問題や今まで取り扱われなかった問題が浮き彫りになったとも言えるでしょう。

イクメンという言葉が世間により浸透されていくためにはこれらの問題を解決していく必要があると言えそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!