イクメンは現代の風潮を打ち破るための大切な存在

イクメン

最近イクメンという言葉が話題となっています。イクメンとは積極的に育児に取り組む、また楽しみながら育児を行う男性のことであります。

イクメンという言葉が知られるようになったのはとある芸能人の積極的な育児活動が世間に注目されるようになったのが大きいと言えるでしょう。

これによってイクメンの意味が定着していきました。

男性が育児休暇を取ると?

実際はイクメンの数というのはそれほど多くありません。それは育児休暇を取ることが難しいという現代ならではの事情が隠されています。

まず、育児休暇そのものを取ることが簡単なことではありません。会社の上司などに相談し了承を得た上で様々な申請手続きを行う必要があります。

また、育児休暇を取ることによって会社内の人たちから冷たい視線を浴びることにもなります。

育児のために一時的に会社を休むだけとはいえ、会社にとっては一人が欠けるだけでも大きな負担となってしまうからです。

このため育児休暇を取ることは様々な意味で難しいということが分かります。しかし、育児休暇を取ることに対する世間一般の評価がそれほど高くないとはいえ、それに伴いイクメンの価値が引き下げられるということはありません。

現代では未だに男性は外で働き、女性は主婦を努めるというイメージから抜け出せていません。

男女雇用機会均等法や男女平等参画社会基本法によって男女の職場における差別化というのはなくなりましたが、まだまだ企業によっては男性を優遇して雇っているという所も見受けられます。

一見男性にとっては良い待遇を受けていると思うかもしれませんが、このことによって男性が育児をする機会というのはますます減っていきます。

つまり、男性は育児よりも仕事を優先しなければならないという風潮が強く漂っているのです。

イクメンはこれらの風潮を打ち破る存在となるかもしれません。

イクメンが風潮を打ち破る

まず、積極的に育児休暇を取ることで周りからのイメージを変えることができます。最初は前述したように周りから顰蹙を買われることがあるかもしれません。

しかし、イクメン活動を行う人たちが増えていけばそのようなイメージは一新されます。このため率先して育児休暇を取ることができるようになるのです。

また、イクメンの数が増えれば今日の男は働いて女は家事をするという固定概念がなくなる可能性もあります。

育児休暇をとったり専業主夫になる人の数が増えれば働く女性の割合というのも自然と高まっていくからです。

イクメンに対してあまり良い印象をお持ちにならない方も多いかもしれませんが、実は現代の嫌な風潮を破るためには欠かせない存在なのです。

これからの日本を支えていくためにはイクメンの価値を保ち続けるかどうかに委ねられるといっても過言ではないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!