イクメンの活動や特徴

イクメン

イクメンという言葉が最近大きな話題を集めています。

イクメンとは育児を積極的に行う男性のこと、または子育てを率先して行いたいという考えを持つ男性のことを意味します。

イクメンの日常生活の活動場面

イクメンは現代では家庭の理想的な存在としても注目を集めています。具体的にどのような活動を行ったりしているのか見ていきましょう。

イクメンは朝起きてから子供と行動を共にすることが多いです。

例えば保育園などへの送り迎えがあります。

一般的に保育園や幼稚園などへの送り迎えというのは母親が行う家庭の方が多いようです。

しかし、イクメン男性は会社に出社する前の時間などを利用して子供の送り迎えを率先して行います。

限られた時間内でも子供の世話をしようとする、これがイクメン男性の大きな特徴です。

また、仕事帰りや休みの日でも積極的に育児を行います。

一般的に赤ちゃんや子供とお風呂に入ることを嫌う父親というのは多いことかもしれません。

仕事疲れの残った体で子供の面倒を見ることが億劫に感じてしまうからです。

ところが、イクメンは仕事などで疲れがたまっていたとしても子育てを行うことだけは欠かすことがありません。

子供とお風呂に入る、また夜寝る前に子供に絵本を読み聞かせてあげる、これらのようにイクメンは家に帰った後に子育ての本領を発揮しているということが分かるのではないでしょうか。

イクメン育児を積極的に行う理由

では、何故イクメンは一般的な家庭の男性よりも育児を積極的に行うのでしょうか。それは考え方に違いがあるようです。

一般的な家庭の父親は仕事だけで精一杯、そのため子供の面倒を見る暇がないというところが多いのではないでしょうか。

これは決して無責任ということではなく現代の厳しい労働社会の中では仕方の無いことだと言えます。

ただし、そんな労働環境下の中でもイクメンは子供との触れ合いを何よりの楽しみだと感じています。

また、子供の成長をそばで見てあげたいという気持ちも強いようです。

イクメンは通常の男性よりも子供に対する愛情が人一倍大きいということが分かるのではないでしょうか。

イクメンとは育児休暇を取って子育てを行えば誰でもなることができるというものではありません。

子供に対して愛情を持ちながら接してやらなければイクメンとして活動を続けていくことはできないでしょう。

現代ではイクメンとして活動していくのは無理なのでは、またイクメンなんてそうそういないのではという考えを持つ人もいるかもしれません。

しかし、周りを見てみますと父親がイクメンである家庭というのは意外と多いということが分かってくるはずです。

それほどイクメンというのが世間にも定着してきた証拠だと言えるのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!