育児休暇を取るイクメンたち

イクメン

国がイクメンプロジェクトを立ち上げて以来、育児休暇を取る男性が増えました。女性と同じく出産後一年以内であれば休むことができるのです。

もちろん制度として育児休業給付制度などありますが、それでも収入が少なくなるという家庭や、仕事的立場が悪くなるかもといった不安や、会社によっては育児休暇なんてもってのほか!という態度の会社もまだまだあります。

勇気を持って育児休暇を取るイクメンたち

そんな中でも勇気を持って育児休暇を取るイクメンたちが増えています。

専業主婦の奥様だとしても育休を取って両親と子供とで毎日を過ごすことによってとても愛情に溢れた家庭として過ごすことができます。

毎日の育児のサポートやママのストレス発散のためのアシスト、育児を身近で見ることで大変さを感じられ共感できる、などメリットはたくさんあります。

たとえ専業主婦のママがいたとしても育児休暇は取って良いのです。

普段は長期の休みなんて取れませんよね?でも人生に一回や二回長期休暇をもらっても良いのではありませんか?

パパは定年まで働きっぱなしです。子供や奥様と触れ合う機会を考えると少ない時間ですよね。

出産を機会に育児休暇を取って家族と触れ合うものとても大切な時間になりますよ。

イクメンの長い育児休暇

逆に、奥様が仕事を持ってるというご家庭で奥様が出産後まもなく職場復帰しなくてはならないという家庭もあると思います。

そうなるとイクメンが育児休暇を取ってる期間の方が長くなることも考えられます。そのときはイクメンが育児をして家事をして…と大変になるわけですが、それを日本の母親たちは行ってきたわけですから可能なはずです。

育児をしながら家事をすることがどれだけ大変かということや、日常の必要なものや食材を買い物しに行くことで家計の経済観念なども理解できイクメンは主夫としての理解もできるようになるでしょう。

時には職場復帰して忙しそうにしてる奥様を見て嫉妬するかもしれません。俺だって自分の時間がほしい!とイライラすることもあるでしょう。

それはママが育児してる家庭も一緒です。そういうときはストレスが溜まっているとき。

慣れない育児にまだ成長まっさかりでどう扱ってよいものかわからず毎日が格闘な赤ちゃんとの生活にちょっと疲れてしまっている証拠。

そんなときはママの休みの日にママに子供をまかせて一人の時間を作りましょう。人間絶対に一人の時間は必要ですよね。

自分の好きなものを見たり、自分の好きな映画を見たり、街をブラついたり、本屋さんで好きな本を探したり…といつもは普通だったその時間がかけがえのない一瞬に思えて一人の時間がとても充実します。

そうなると自分の時間の使い方なども上手になっていき、今度の一人の時間にはコレをしてみよう、アレを見に行こうという気持ちになるのです。

リフレッシュして自分のモヤモヤした気持ちをリセットできたらまた育児や主夫としての仕事を楽しめると思います。

とても大変なことなのですが、子供を育てるという「ことはそういうことなのだと実感でき、自分を育ててくれた親への感謝の気持ちもこみ上げてくるものです。

こんなに大変な想いをして育ててくれたんだと実感し、親に対しての新たな気持ちが生まれてくることでしょう。

それもこれも育児休暇をとったからこそできる経験です。 育児休暇をとって家庭と向き合う時間に、家族と向き合う時間にしてみませんか。

社会の中にいることも大切ですし、仕事は家族のためのものなのでそれだってとても立派なものです。

しかし、育児休暇でしか得られないものもあるのです。育児休暇を取りたいのですが。 そう言えるイクメンになれたら良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!