イクメンから子育て術を学ぼう

イクメン

育児休暇などを取ることで子育てを率先して行う男性のことをイクメンと呼びます。

最近イクメンという言葉も世間に定着しつつあるようです。

これは積極的に育児を楽しむ男性が増えたことが最大の理由かもしれません。

そして、このイクメンというのは現代の子育てを行う親の見本となる存在とも言えるでしょう。

イクメンの活動する方法とは?

イクメンの最大のメリットとして父親でも子供と直接触れ合う機会が増えるということが挙げられます。

一般的に昔から父親というのは仕事で忙しく子供と接する機会がなかなかありませんでした。

しかし、イクメンとして活動すれば子供が小さい時から面倒を見ることができるため通常の男性よりも我が子の成長を見届けやすくなります。

子供は親の背中を見て育つと言われています。

これは幼い時の教え方や家庭環境によってある程度の性格や個性などが形成されるためです。

このため幼い頃から親がきちんとした育て方をしているかどうかで子供の性格なども全く異なってくるということが分かるでしょう。

育児休暇を取って赤ん坊の世話を見るのだけがイクメンの活動という訳ではありません。

例えば、母親の代わりに子供を幼稚園に送り迎えする、これも立派なイクメン活動の一つです。

また、幼い子供と道端でキャッチボールをする、このような少しの触れ合いも十分イクメン活動の一つと見られています。

父親がイクメンである家庭

基本的に父親がイクメンである家庭は子育てが上手いと言えます。

第一に前述した子供との触れ合う機会が増えるということ。多忙な毎日で子供の面倒を見られない父親というのは現代でも非常に多いです。

しかし、育児休暇を取らなくても子育てを積極的に行う努力を怠らなければ子供はのびのびと育っていくことでしょう。

また、父親がイクメンである家庭は夫婦仲も良好であることが多いです。

父親が子供の世話を放ったらかしにしたことで母親と口論してしまうということは今でも良くあります。

しかし、父親がイクメンなら子供の世話をきちんとみますので母親と喧嘩になるということもありません。

それによって家庭環境が保たれるため子供の性格なども良い方向に形成されていくはずです。

世間や会社内からのイクメンに対する評価というのは低い傾向にあるようですが、子育てという観点から観ますとイクメン活動はまさに理想の育児方法であることが分かるでしょう。

自分の育児方法に自信がない方、また仕事などで忙しく子供の面倒を見ることができないという方は父親がイクメンである家庭から子育て術を学んでみてはいかがでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!