日本は今イクメンを応援しています

靴

現在日本全国でイクメンが急増中です。

これは少子化問題を抱える日本にとってとてもプラスな傾向ではないでしょうか。

出産をしただけではもちろん終わりません。

父親もしっかりと育児に参加することの大切さ

本当に大変なのは育児ですよね。

その育児を母親だけでなくしっかりと父親も参加することで母親の負担が減るだけでなく、子供も愛情をたくさん受けて豊かに育つことができるでしょう。

母親の母乳で育つと子供に良い影響があると言われている母乳育児と同じく、父親がイクメンとして子供の育児に積極的に参加することで父親が与えられる愛情が増え父親だけが与えることができる愛情を受けて子供は育つことができます。

イクメンになりませんか?

女性が子供を産む上で考えることが子供を産んでからのことや育児のこと。

家庭として核家族であってもいざ育児をするときに母親だけが育児のすべてを任せられるのでは女性にとっては大きな負担になってしまいます。

その負担がネックになり、出産を避けてる人も多いといいます。

女性も社会で積極的に働く時代なので働くのは男性、育児は女性という考え方はもう古いといえるでしょう。

イクメンに関して理解のある企業も増えてきました。男性が家庭で赤ちゃんが生まれて、育児休業を取ることを全面的に認めている企業もあります。

しかし、日本ではまだまだ生まれたばかりの制度という印象を受けます。

なんで父親が休まなければいけないんだ!?という会社や育休を取ったことで出世ラインから外れてしまった人もいるといいます。

しかし、そういったことには負けずイクメンになることを選択する人もいますね。

子供が生まれることで自分の命や家族の命、そして自分を生んでくれた親への感謝などあらためて見つめなおす人が多いでしょう。

その気持ちから自分もしっかり子供と向き合って親として成長したい、少しでも一緒に過ごしたいと考える人が増えているのです。

それはとても素敵なことだと思いませんか。日本の少子化問題だけでなく、日本が豊かになるために必要なことなのかもしれませんね。

男性がイクメンになってまだ生まれたばかりの子供と共に過ごすことで父親の自覚を早く感じることができるでしょう。

母親は出産を経て、自分の母乳を飲ませることで母性は自然と生まれますが、男性は赤ちゃんはまだ小さくて自分が関わるのがこわいとすら思ってしまったりします。

ですから、赤ちゃんの頃に積極的に育児をすることで子供が一番成長するのが早い時期を共に過ごし、毎日の変化を見て感じることでひとつひとつ子供の成長を把握し、感動を感じることができます。

そして愛情がたくさん生まれ、自分が父親であることの自覚と責任感も生まれることと思います。

国もイクメンを応援しています

イクメンはたくさんの良い効果を生み出すことに繋がるのです。

子供と親が過ごす時間が増えるということはとても素敵なことです。

イクメンは赤ちゃんのときだけでなく、少し大きくなってからでもたくさんの時間を子供と過ごします。

父親ならではの身体を使ったダイナミックな遊びや体力を使う遊びなど子供とできるのは良いことですね。

イクメンと子供のイベントなども増えてきて、父親とペアルックで着れる服なども増えてきました。それだけイクメンが世の中に増えてきてるということでしょう。

日本ではイクメンはまだ認知されてないかもしれませんが、確実に日々増えてきてるということはいえると思います。

これからもっとイクメンが受け入れられイクメンのためのグッズやイベント、場所や制度などが増えていくことでしょう。

イクメンは立派な親です。 親として子供と向き合い子育てをする育児をするメン。

日本はついに国としてこのプロジェクトを推進し、たくさんの制度を作りました。

国は応援しています。男性の育児を。それはとても心強いですよね。

国が応援してくれるからこそ、これからイクメンを取り巻く環境は変わるはずです。

イクメンが使いやすいタイプのベビーカーがあります。

パパサイズのベビーカーで子供を押しながら公園へ散歩…なんてイクメンになりませんか。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!