政策になった男性の育児

赤ちゃん

最近よく聞くようになった言葉としてイクメンが挙げられます。

イクメン?イケメン?? ちょっと似てるので「?」と思う方もいるかもしれませんが、イクメンとは育児を積極的にする男性…育児をするメンズからきています。

昔の考えでは日本では亭主関白習慣があり、女性が子育てするものだという認識がありました。

それは今でも世の中の常識として思われてる部分もあるのでしょう。

男性も関わる子育て

しかし、今子育ては女性にだけ頼るものではなくなっています。男は働き、女は家になんて時代は変化を遂げ、進化してきているのです。

男性も自分の子供のために育児休暇をとって一時的に育児をするというスタイルが今増えています。

と、いうのもイクメンは政府が打ち出したプロジェクトのひとつであり、マニュフェストにも男性の育児に関して掲げるほどです。

かわいいわが子が生まれたからこそ、父親だって育児を通じて自分の子供の成長の支えになりたい、成長を感じたい、親として成長したい、妻の手助けをしたい…それがイクメンの育児です。

中には女性は出産後育児休暇を経てすぐに働き、イクメンが家で育児、家事をこなすという家庭も増えてきています。

働く女性が増え、自分の仕事に誇りと自信を持ち合わせ、稼ぎも男性以上という職についてる方もたくさんいますので、男性が働き女性が家事育児という概念は今はもう古いかもしれませんね。

イクメン応援プロジェクト

イクメンが増えたことによってイクメンを応援する企業もたくさんあります。

2010年に厚生省が打ち出したイクメンプロジェクトの発足によってイクメンを受け入れる・応援する活動をする企業がとても増えました。

今までは男性が育児休暇を取るなんてという企業がほとんどでしたが、欧州のでは男性が育児休暇を取ることが全然珍しいことではなく、むしろ男性が育児に積極的に参加することがあたりまえとされている傾向にあります。

日本はドイツの男性に比べると育児への参加は1/3といわれていて、まだまだ育児への積極的な参加率は低いといえるでしょう。

とても大切な家族であるはずなのに男だから働くのみというのは悲しいことではありませんか。もちろんお金は必要です。

だからこそ男性のしっかりとした育児休業基本給付金などの制度を利用できる環境と企業の同意と理解が必要なのです。

まだまだ新しいイクメン。 新しいからこそまだ理解度も低いのが現状です。

育児休暇を取りたいといっても、何言ってるんだ!?と昭和真っ盛りな考え方の上司だっているところもあるでしょう。

しかし、育児は男性が行うものではないと誰が決めたのでしょうか。イクメンは今社会の中でとても良い傾向として扱われています。

企業もイクメンプロジェクトをすることで企業イメージのアップに繋がるかもしれません。イクメンはとても今注目を集めています。

テレビで特集されていたり、雑誌で特集されていたり、イベントが組まれたりと注目度満点です。

イクメングッズも次々と発売され、母子手帳ならぬパパ手帳というものも登場しています。

国があげて唱えるイクメン。これからの日本は男性が育児を積極的にする時代になります。

イクメンは今後の子供たちの未来にあたたかさと豊かさを与えるでしょう。パパとママがいるという安心感。 夫が積極的に子育てに参加してくれる充実感。

イクメンはこれからもっともっと日本全国で受け入れられてく言葉になっていくでしょう。イクメンを取り巻く環境は今充実してるとはいえません。

しかし、今後もっともっとイクメンが増えるために日本全体が動いていくことでしょう。男性が子育てをする。女性が子育てをする。 そして未来へ繋がっていく。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!