イクメンも使ってみようスリング

赤ちゃん

スリングという育児便利グッズを知っていますか。 スリングというのは日本で使われるようになったのはココ最近のことです。

スリングは一枚の布でできている抱っこ紐みたいなものです。

赤ちゃんをゆりかごのように包み込み肩から提げたりして抱っこできるのです。 月齢があがってきたら座った体勢で抱えることもできます。

一枚の布ということで不安という方も最初は多かったそうですが、今となてはとてもポピュラーな育児グッズとなりました。
そのスリング。

販売もされていますが、作ることもできます。自作して作ることもできるのです。

ですからママがイクメンのためにシックな布地などを使ってイクメン用のスリングを作ってあげりのも良いかもしれませんね。

イクメンが自分で自分のスリングを作ってみても良いかもしれませんね。

しかし、もちろんスリングには安全性がなければいけません。布の硬さや強さなども重要ですし、肩部分の強度も必要になります。

安全性が認められたスリングにはスリング協会のセーフティスリングのマークが入っているのでそれで安全性を確認してから購入すると良いかもしれませんね。

探してみようイクメンに合ったスリング

イクメンに合った大きさでイクメンに合った柄のものを探してみるのも良いですね。

最近ではイクメンビームがあるからかユニセックスのものもあるので男性でもスリングを使うことができます。

スリングはママのおなかの中にいるときの体勢で保たれるので赤ちゃんはとても安心していられます。

スリングをして寝かしつけるというママやイクメンもいるようです。赤ちゃんはその体勢が安心できるので眠ってしまうことが多いのだそうです。

スリングはアフリカなどでは昔から使われていた育児グッズで手作りで作ったものを使うのだそうです。

スリングは最初に使おうとすると赤ちゃんがとても丸々になってしまうのでコレでいいのかな!?と不安になってしまう人がほとんどです。

使い方で不安がある人はインターネットなどの動画サイトなどで使い方をみるか使い方DVDが付属されてるものもあるのでそういったもの利用すると良いかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!