子育て中の収納術

積み木

子育て中の収納の中での、一番の悩みはおもちゃの収納ではないでしょうか?

何歳のこどもであろうと、おもちゃ収納の基本は「取り出しやすく片付けやすい」です。

自立への第一歩

片付けやすい収納にすることで、片付ける力を養い自立の一歩を自然と手助けしてくれます。

また、親の手を煩わせることなく自分で取り組んでくれるので、家事を中断しておもちゃの用意をしたり、時間のない時におもちゃの片付けをしたりという手間も省けます。

「取り出しやすく片付けやすい」収納にするには、こどもの目線が大切です。

子どもの高さに合わせた収納をする事で、こどもも簡単に出し入れしやすくなります。

オススメなのは、オープン棚に箱のようなおもちゃ入れを入れた形や、細長いテーブルや棚の下におもちゃ入れを並べ、棚の上にはインテリアになるような木のおもちゃを並べて収納したりでしょうか。

座った状態で遊ぶ幼児期にとっては特に、箱に手を入れポイポイだしてポイポイしまうだけの便利な収納方だといえます。

高価なおもちゃ入れは不要

こどもに高価なおもちゃ入れを購入したところで、後々使わないようでは意味がありません。月齢が変わるにあたって遊ぶものや遊び方も変わります。

おもちゃの種類を分別して収納ができるようになったり、大きなままごとキッチンが増えたりと日々変化していきます。

成長とともに使い勝手を変えていけるような物かどうかを見極め、それにあった予算で購入したほうがいいと思います。

後々の使い道が定まっていない間は、カラーボックスに均一ショップのかごなどをはめた簡易なもので十分だと思います。

子育て中の方の中には、いらなくなったら気にせず捨てられるダンボールなどに、色紙や布を貼ってうまく利用している方います。

そのままでもおしゃれなダンボールなどもあり、お金をあまりかけずに作りたい方には良い収納グッズとなるといえます。

こどもに落書きされても気にしなくてすみますしね☆

子どものものは一か所にまとめる

おもちゃの次に気になるのは子供服ではないでしょうか?生まれたばかりの頃は、ベビーベッドの一角にまとめて置けるかもしれませんが、サイズは変わりこどもも増えて・・・と後々頭を悩ませてしまいます。

こどもの物は一か所にまとめたほうがこどもも使う時に使いやすく便利です。

衣装ケースなど、最初から指定の場所や指定のボックスをサイズが大きくなることを考えた上で余裕持って確保し、それ以上は増やさない!を鉄則に収納をしましょう。

乳児期はとくに着替えが多くどうしても面倒だと感じると思います。

そんな時は、いくつかをカゴの中に移しておいて利用する事で解決したほうがいいでしょう。

オムツも同様です。おむつは袋に入れた状態では非常に使いにくく場所も選びます。余裕を持って確保しておいた収納スペース所に全て出してしまいましょう。

その中からカゴへ移して利用すれば無駄な物も無駄なスペースも使わずに済みます。

均一ショップに売っている不織布のCDやDVDケースにうまく収納している方もいるようですが、こちらもおもちゃ同様、たくさん購入しても後からの使い道を考えなければいけません。

今はちょうどいいサイズでも、大きくなると使いにくいサイズとなってしまいますからね。

こどもの成長はあっという間!子供服はどの部屋におこう、オムツのしまう場所を確保しなきゃ、哺乳瓶置き場はどうしよう・・・そんなことを考えながら試行錯誤して収納を考えていても、いつのまにオムツはパンツに替わり、哺乳瓶はコップに変わり・・・。

収納が好きな人なら考えているだけでワクワクして楽しいかもしれませんが、収納が苦手な人にとってはイライラの種に過ぎません。

コロコロ変わる収納にイライラさせられ時間をとられるぐらいなら、最初から最期まで変わらずに場所を変えずに使えるようにし、おおざっぱなザクッと収納にして、子ども達との時間を増やしたほうがよほど賢い選択といえるのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!