読書力は一生の宝! 子どもを本好きにするために親ができること

本好きな子供

小学生ぐらいになると、本が好きでよく読んでいる子と、ほとんど興味を示さない子の差がだんだん目立ってきます。

本人の資質もありますが、案外、親の働きかけが大きな影響を与えているってご存じでしたか?

読み聞かせの心地よさを味わった子は本が好きになる

子どもが小さい頃から読み聞かせをしてきた家庭では、子どもが本に自然と親しむようになり、親から言われなくても進んで読書をするケースが少なくありません。

考えてみれば、スポーツをするきっかけも、お父さんがいつも野球中継を見ていたなど、親の影響で興味を持つ場合が多いですよね。子どもは、親と一緒に何かをすることが大好き。

大好きなパパやママの声で本を読んでもらったという心地よさが、本へのイメージを良くするのです。

小学生なら、まだまだ親の読み聞かせがうれしい年頃。なるべく子どもが好きそうなジャンルの本を選んで、どんどん読んであげてください。

家の中にたくさん本を置き、いつでも手に取れるようにしよう

子どもが本を読みたいと思っても、すぐ近くに本がなければわざわざ図書館や本屋さんまで行かなければなりません。

そうすると、そこまで本に興味のない子は面倒くささが勝ってしまい「やっぱり読書はいいや」とあきらめてしまうのです。

子どもがいつでも本を読めるよう、親子で話し合って選び、何冊か家に置いておきましょう。そうして少しずつ本に親しむうちに、子どもはどんどん本の魅力に取り憑かれていきます。

この時、いくら教育に良いからといって「よい子の文学全集」のような本を買い揃えるのはあまり意味がありません。大切なのは、子ども本人が読みたくて選んだ本であること。

「さぁ、読みなさい」と押しつけられてしまっては、ただうんざりするだけです。

なぜ、児童期の読書が大切なの?

テストを受ける時、私たちはまず書かれている問題の意味が理解できなくてはその問題を解くことができません。文章を読み解く力は全ての学習の基本。

ですから、日頃あまり本を読まず、文章に慣れていない子どもは、学力が低い傾向にあるのです。

また、本を読むことで自然と漢字の読み方や文法が身に付くというメリットもあります。読む本はマンガでも小説でもかまいません。

できるだけ幅広いジャンルの本を読み、知識や表現力を吸収するようにしましょう。

こうして身に付けた力は、作文や読書感想文にも応用可能。高校受験や大学受験、さらには就職試験や資格試験でも文章を書く力は必要なので、一生を通じて役に立ちます。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!