子供に嫌いと言われたら

子供

いくつの子供に言われても、刺さる言葉ですが、年代によっての、意味の違いもありますよね。言われた事の無い人も、心構えがほしいものです。

親というものは、絶対に子供を愛しているだけではありません。嫌悪感に満ちてしまうこともあります。

心の底から嫌いになってしまう事は、無いのかもしれませんが、子供を一生涯好きという感情で、いることの出来る人は、少ないでしょう。

それでも、子供には好きでいて欲しいと思うところに、親のエゴイズムが在るのでしょうか。

エゴというよりは、願いに近いのですが、子供は大人よりも繊細なのです。

「ママ嫌い。」 という子どもの心

「ママ嫌い。」 小さな子供が、泣きながら言っているこの言葉は、ママを嫌いな自分はもっと嫌い、と自己否定しているそうです。

母を否定すれば、自分をも否定している、と言う事なのでしょう。

切ない、力いっぱいの暴力なのかもしれません。 ママ嫌いと言われたら、抱きしめて、「大好きだよ。」と子供が落ち着くまで言ってあげることも大事なこと、と聞きます。

かといって、お菓子を買ってくれないから、嫌い、という時は、どうするべきでしょう。

お菓子は、要らないけど、ママに甘えたいという場面もありますので、いつも子供の目線をどこか自分の中に置いておく事で、判断するしかなさそうです。

少し大きくなると、単純にママを否定したくなることがあるようです。自立への一歩なのでしょう。

これも、母親としては寂しく感じてしまいますが、嫌い嫌いも好きのうち、と軽く考えるべきなのでしょう。

この時も、ママは、大好きだけど、嫌いと言われたら寂しい、ということを伝えると良いようです。

基本は、ママを傷つけるつもりで言っている訳ではありませんから、信じていることを伝える事が大事です。

第二次成長期以降に訪れる、 「ママ大嫌い。むかつく。」 など、心が折れてしまうような時に、信じる心を備えるのです。

信じている心があっても、子供は人格の違う個々の人ですから、対応が変わることで、未来も変わります。

「子供は、嘘をつく。信じてはいけません。」 こんなことを言う、教師がいました。親であれば、嘘と分かっていても、信じ抜くことが大事ではないでしょうか。

もちろん、ケースバイケースですですから、柔軟な心を親子で育てていくことが、教育というものと思いますが、 嫌いと言われても、本質を見抜く力だけは、生涯磨いていかなくてはいけませんね。

時は進み、大人になったわが子と対峙するとき、この時の嫌いには、大きな覚悟が必要です。もう、母のみを否定する力を持っていると、判断してもさし違いないでしょう。

幼い頃が、懐かしく思えますが、この時には我が子の成長を喜ぶ事にしましょう。そして、思い出してくれることを、待つのです。

嫌いと言われるよりも、誰もが、大好きと言われたことの方が、沢山あるのではないでしょうか。

大好きは、聞き慣れしてしまっているから、嫌いという言葉に、耳が行ってしまうのですよね。そう思いたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!