行事の多すぎる子供会。抜けたいけど、抜けられない!

子供が小学生になると、地域の子供会へのお誘いがやってきます。でも、肝心の子供たちは習い事や勉強で忙しくて行事には不参加、親だけが役員で走り回っているということも……。

抜けようにもなかなかそうもいかない子供会、うまくやっていくにはどうすれば良いのでしょうか?

役員は「地域でのお役目」と割り切る

子供会関連でよく話題に上るのが「子供は行事に参加していないのに、親は役員だから出てこいと言われる」というもの。

確かに、自分の子供が参加していない行事に出て他の子供の世話をするのもなんだかおかしな話ですが、それとこれとは話が別。

子供は地域全体で育てていくものであり、親が知らないところでなにかとお世話になっているものなのです。登校班の管理も、子供会の役員がしているところが多いですよね。

ですから、役員が回ってきたら、たとえ子供が行事に不参加だとしても「日ごろの恩返し」のつもりで頑張りましょう。親のそんな姿を、子供もきっと見ていてくれます。

仕事は抱え込まず、役割分担を決める

役員の仕事は、どうしても真面目で責任感の強い人に集中する傾向があります。やりたくないのはみんな同じなのに、気の強い人や要領のいい人がうまく逃れて、それ以外の人に押し付けてしまうのですね。

しかし、そんなことをしていては特定の誰かが貧乏くじを引くばかり。公平を期するため、最初の段階で明確に役割分担を決め、それを必ずこなしてもらうようにしましょう。

そこまでしても仕事をしてくれない人もいますが、少なくとも責任の所在が曖昧なまま押し付けられることだけは避けられます。話し合いには必ず会長・副会長も同席し、仕事をさぼった場合の対応についてもきちんと決めておきましょう。

子供会をスムーズに退会するには

どうしても子供会をやめたいという場合は、会長にその旨を伝えればやめられます。

しかし、会員数が減ると都合が悪かったり「あの人がやめるならうちも」と言い出す人が出てきたりするので、実際にはなかなか認めてもらえないことが多いのですね。

そのような場合は、思いきって役員に立候補しましょう。それも、会長など面倒で誰もやりたがらない役がおすすめです。

任期が終わるまでは苦労しますが、大変な仕事を引き受けてもらったことでみんなの見る目も変わるし、退会の際も文句を言われにくくなります。

やめることが無理でも、行事の内容を変えるなど、やりやすい方向に持っていくことも可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!