清潔と健康の大切さ

女の子

子どもを持つ親は誰でも「健康であって欲しい」と願います。

小さい時は抵抗力が弱いので、色々な病気をしがちで、心配も多いでしょう。

母乳で子どもを育てましたか?

あなたは母乳で子どもを育てましたか?母乳で育てた子どもの方が健康だと言われるからです。

さらに、シドニーのサンデー・テレグラフ紙は「母乳で育てた方が、子どもの肥満を30%近く減らす要素になる」と伝えています。

母乳育児コンサルタントのジョイ・ヘッズも「母乳は無駄な成分がほとんどなく、ほとんどすべてが有効活用されます。

しかし、脂肪分の多いミルクで育てられた赤ちゃんは,後に肥満になる率が高いようです。」と語っています。

ストレスを抱えていませんか?

また、あなたはストレスを抱えていませんか?確かに子育ては自己犠牲の毎日なので、ストレスがたまらないのは無理なことかもしれません。

しかし、ストレスと健康はとても密接な関係があります。ストレスを抱えている人や悲観的な人と比べると、幸福で前向きな人のほうが一般的に健康であると言われています。

“陽気な”人はストレスホルモンの一種であるコルチゾールの値が低いようです。つまり病気になりにくいということです。

ロンドンのユニバーシティー・カレッジのアンドリュー・ステプトー博士は、 「精神状態は遺伝的に受け継がれるものではなく、人間関係や人生の充実度に左右されます」と言いました。

ぜひ精神状態をリラックスに保つ方法を見いだして、時間を取り分けて下さい。

親の感情は子どもにも影響が及びますので、親の心が安定していれば、家族が健康でいれるでしょう。

子どもの体を清潔に健康に保つために

体を清潔に健康に保つために子どもに何を教えたらいいでしょうか?

米国疾病対策予防センターは「感染症の広がりを防いだり健康を保ったりするうえで最も大切なことを一つ挙げるとしたら,それは手を洗うことです」とすすめています。

感染症の80%は、手を通して伝染すると言われているからです。どんな時に手を洗いますか?

調理の前や事の前、動物と遊んだ後やトイレに行った時です。せっけんで手を洗う事をお勧めします。

アルコール消毒よりも殺菌効果があると言われているからです。調理の時は、火を通していないと病原菌の影響を受ける可能性が高くなります。

家族の健康を守る為に火を通し、その日のうちなるべく食べるようにしましょう。

高くて新鮮な食品よりも、少し劣っても安い物を買って、それを保存する傾向があるならこう考えて下さい。

今少し節約した所で、健康を害して医者にかかる費用を考えたら、つじつまが合うだろうか?

賞味期限ぎりぎりで購入して、冷凍するのもいいですが、その場合でも早めに使いましょう。

冷凍すれば食材は何カ月も持つと考えるのは、すこし健康にとって良くない事につながるかもしれません。

新鮮なものを買ってきて、その日に食べるのが健康に一番いいのかもしれませんね。

毎日お風呂に入りましょう

また、毎日お風呂に入りましょう。子ども自身で自分の体を、せっけんで洗う事を教える事ができます。

着る洋服や布団やシーツを清潔にする為に、子ども一緒に取り変えたり、洗濯物を干したりすることができます。

家の中も外もきちんと整理整頓することも、子どもと一緒にやりましょう。夏など、水がたまる場所を作らない事で、蚊の発生を防ぐ事ができます。

また、子どもと一緒に自転車で出かけて、公園で走ったり、キャッチボールをしたりできます。

怪我をしないように、自転車に乗る時に守るべき交通ルールや安全法規を教えましょう。子どもの乗り方が安全かチェックする事もできます。

親が、子どもを車に乗せる時に、チャイルドシートにしっかり固定することも良い手本です。面倒だからと言って、車の中で子どもを自由に動けるようにしない事です。

最近は異常気象が当たり前のようになっていますので、日光から守る為に帽子を身につける事を教えましょう。

親が良い習慣を調べて、積極的に行なうなら、子どもや家族みんなが健康になるでしょう。

食事や清潔さ、睡眠や運動、病気の予防などの面で親が手本を示していくのです。それがまた、孫へと良い習慣と健康が引き継いでいくことを願っていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!