子供のためにも良い関係を保ちたい! 教師との上手な付き合い方

小学校の教室

子供が学校に通うようになると、その担任である教師とのお付き合いが始まります。

媚を売る必要はないけれど、できれば良い関係を保ちたいものですよね。

どのような点に気をつければ、うまくお付き合いすることができるのでしょうか?

忠告やアドバイスは素直に受け入れる

担任の先生は、学校で毎日子供たちの様子を見ています。そこには、子供たちが家庭では絶対に見せない一面も隠れていることでしょう。

ですから、もし先生から「お宅のお子さんのことで……」と電話がかかってきたら、「うちの子はそんなことしません!」と頭から否定するのではなく、最後まで冷静に話を聞きましょう。

思わぬわが子の様子にショックを受けることもあるかもしれませんが、これをきっかけとして、良い方向に導くことができればそれで良いのです。

ただ、先生の勘違いや思い込みというケースもないわけではないので、おかしいと感じたら話をいったん保留にしてもらい、子供本人とじっくり話し合うことも必要です。

子供の前で先生のことを悪く言わない

学校に通っている時期の子供は、まだまだ親の矛盾を見抜くことが得意ではありません。

どんなに親が間違っていたとしても、それを世間の常識として捉え、吸収してしまうので、親が家庭で先生のことを悪く言っていれば「あの先生はバカにしてもいい存在なんだ」と軽んじるようになる可能性があるのです。

学級崩壊のきっかけにもなりかねませんよね。

教師だからといって、すべてに万能なわけではありません。時には間違ったこともするし、保護者や生徒との相性が悪いこともあるでしょう。

しかし、子供を学校に通わせ、指導をしていただいている以上、担任の先生を悪く言うべきではありません。

意見がある場合は、直接学校に出向いて先生とお話しましょう。

問題のある教師が子供の担任になったら?

時々ニュースでも流れますが、生徒にセクハラをしたり、特定の生徒を個人攻撃したりするなど、教師として問題があると認めざるを得ない人が子供の担任になってしまうことがあります。

ただでさえ学校での子供の様子は分かりにくいのに、このような人格の持ち主が担任として関わっていると思うと心配でいてもたってもいられませんよね。

しかし、自分1人が「おかしい」と騒いでも、モンスターペアレントとして処理されてしまうケースが大半です。

このような時は、同じクラスの保護者と連絡を取り合い、できるだけ情報を集めて教頭先生か校長先生に相談しましょう。

事実関係をはっきりさせ、冷静に話し合うことが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!