兄弟の子育てについて

兄弟

一人目のお子さんが男の子、二人目も男の子、三人目も男の子・・・。 二人兄弟でも三兄弟でも、それ以上でも、男の子兄弟って本当に大変!

女の子だろうと男の子だろうと、子供が一人から二人に、それはそれは今まで以上に自分の時間もなくなりますし、子供の年が近ければなおさら、大変という言葉しか見当たらないほど。

兄弟姉妹の子育て、体力・気力は2倍以上

日中は母親が一人で子育てする家庭が多いですから、一人で子供を二人見る、ということがどれだけ負担になるか・・・。

食事や洗濯物も増えますし、一人を寝かせようとすればもう一人がぐずってしまう。

年が近ければ近いほど母親にはその負担も大きく、一人目の育児に比べて慣れはあるでしょうけど、それでも今までの2倍以上の体力、精神力が必要になってきます。

子育てもさることながら、兄弟姉妹がいる場合にはその在り方や仲についても考えなくてはいけません。

男女問わず兄弟がいることで起きる「兄弟げんか」ですが、最近は一人っ子の両親が意外と多く兄弟げんかが起きてしまった時にどうしていいのか分からない、なんていう人もいるようですね。

男の子ばかりの兄弟だとけんかが起きるのは必至。特に年の近い兄弟ならなおさらです。

ちょっとした事から取っ組み合いのけんかになるなんてよくあること。それでも、これが毎日続くと、特にまだ幼稚園に行っていないお子さんがいると、本当にクタクタになってしまいます。

ずっと、とにかくずっと子供達と一緒ですからね。大変だけど、でも、兄弟がいるというのは子供にとても親にとっても、とてもいいことだと思うのです。

だって一番身近な場所で社会勉強ができるのですから。これは男の子でも女の子でも関係ありません。

兄弟だからできる小さな社会勉強

兄弟ができるというのは、そんな小さな社会勉強が一番身近なお兄ちゃんや弟とできるんです。もちろん、親との関係でも社会勉強することはできます。

昔の家族構成で言えば、両親の他に祖父母がいる、そういった中で人間関係を構築していくものでしたが、現在は核家族が非常に多く、それに加えて兄弟もいない、そういった家族が増えています。

親戚がたくさん集まって、という状況もさ最近ではあまりないようです。そんな中で兄弟がいるというのは、小さな頃から人間関係を構築するのにもってこいの環境だということです。

男の子の兄弟は毎日の育児が大変だ!という先入観を誰もが持っているでしょう?

それはどうしても男の子をやんちゃで、大騒ぎ、けんかする、なんて思っているんじゃないでしょうか。

でもそれは間違いで、女の子の姉妹だっておしとやかで大人しく静かだ、なんてイメージでも、本当にみんなそうだとは言い切れませんよね。

女の子だって男の子と一緒に走り回るのが好きな子がいるように、男の子だって静かに本を読むのが好きな子もいれば、お人形遊びが好きな子もいるんです。

男の子兄弟だからって大変なことばかりではないですし、けんかばかりでもないのです。

それぞれの性格ももちろんありますが、基本的に男の子は女の子よりもお母さんにべったりなんですよね。

毎日毎日お母さんを怒らせてしまったとしても、「ママ~!」なんていう風に。

そんな姿を見ていると、けんかばかりの兄弟でもかわいいなって思う面もたくさんあるりますよね。

子育てをするのに、女の子がいい、男の子がいいと決めることはできません。それも、結局は両親がどう思うか、です。

男の子兄弟は大変だ・・・そんなことないんですよ。兄弟姉妹がいると大変、というのも違います。

男の子に限ったことではありませんが、兄弟げんかを早い時期に経験できる彼らは、自分以外の人間とコミュニケーションを取りけんかをしながら人間関係を構築します。

これはとても大きなことです。兄弟でもめても、すぐに叱ったりせず一度じっくり観察してみてください。

けんかの仕方にもそれぞれ特徴があります。それが分かると、なだめ方や謝らせ方のコツも分かってきます。

兄弟って大変だけど楽しいですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!