年子育児の大変さ

皆さん、年子と聞いてどんな印象を受けますか?

育児経験者なら「年子は双子よりも大変っていうわよ」と答える方がほとんどではないでしょうか。

年子のイメージとは?

いくら年の差があっても育児というのはとても大変なものです。近年、悲しい事に虐待や育児放棄が目立ち始めているような気がします。

核家族傾向にあったり、一人で育児を熟している方が沢山いらっしゃることの現れかもしれません。

お金では買う事が出来ない大切な命、しかし年子ともなれば、大変と感じるポイントも沢山でてくるのです。

一体どのようなポイントが年子は大変というイメージを植え付けているのでしょうか。

まず、出産後に生理が再開していなくても妊娠する事が可能になっています。

生理がまだ始まっていないからと避妊を怠ると計画外な妊娠をしてしまう場合もあるので気をつけましょう。

出産後、生理が再開していない妊娠は気付きにくい傾向にあります。

多少の体調の変化は育児の疲れだと勘違いしてしまうケースが多いからです。

妊娠が発覚すれば、ほとんどの病院が上の子の断乳をすすめます。

授乳している事により子宮が収縮してしまい、流産や早産に繋がる可能性もあるからです。

しかし、個人差がありあまりお腹が張らないのであれば授乳をやめなくても大丈夫だと思います。

私は年子育児経験者ですが、上の子供がどうしても断乳出来ずに出産予定日の当日も授乳していましたが、何の問題もなく4キロ弱の立派な赤ちゃんを出産する事が出来ました。

しかし今思えば、妊娠中に断乳しておけばと考えてしまう時もあります。いまだに二人とも授乳中です。

特に添い乳の場合は、少しずつ卒業させていった方がいいと思います。

上の子供へのケア

年子育児で大変なこと、それは上の子もまだまだお母さんに甘えたい、ずっとくっついていたい赤ちゃんなのです。

どうしても、兄弟が出来てしまうと「お姉ちゃんなんだから」という言葉を頻繁に利用していませんか?
子供はまだ甘えたい時なのに自分より小さい赤ちゃんにお母さんを取られてしまうのです。

よく「赤ちゃん帰り」という言葉を聞きますが、年子であれば赤ちゃん帰りとは言わないかもしれません。

ですから、上の子供へのしっかりしたケアが必要不可欠になってくるでしょう。

産まれたばかりの赤ちゃんは寝ている事が多いので、なるべく寝ているうちは、沢山上の子供と遊んであげるといいでしょう。

しっかり抱きしめてあげる事も大切な事です。もし下の子供のお世話をする時は上の子供の側で行うといいかもしれません。

「○○ちゃん、元気だね」などと一緒にお世話をするのが理想だと言えるようです。

1歳ともなれば上手く言葉を発する事が出来ないだけで、ある程度の事は理解しています。

ですから、きちんと話しかけながら育児を心掛けるといいかもしれません。

また、離乳食時期と授乳が重なると食事の準備すら大変になってきてしまうでしょう。

育児に協力していただける場合は、しっかり甘えさせていただく事も必要になってくるでしょう。

毎日、離乳食作って授乳してお風呂入れてだけでも重労働です。

上の子が歩ける場合はいいですが、まだ歩けない場合だと上の子をベビーカーに乗せて、下の子供を抱っこしてなどと余計に大変に感じてしまうでしょう。

本当にあっという間に月日が流れてしまうかもしれません。しかし、我が子の可愛い笑顔を見れば疲れも飛んでしまう方がほとんどだと思います。

疲れたら深呼吸して、ゆっくり始めましょう。育児はとても大変なお仕事です。

たまには愚痴などを吐き出しのもいいかもしれません。無理せずに心に余裕を持って子供に接するように心掛けたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!