年の差育児を知って、楽しい子育て

これから子どもを作りたい、これから子どもの兄弟をつくりたいと考えているあなたへ。

子どもは何歳差の兄弟でも、兄弟そろって何かしている様子はとてもほほえましいものです。でも、もし、子どもができる前に、年の差育児を知っていたら、何歳差が理想ですか?

ここでは1歳差、2歳差、3歳差・・・それぞれの年の差育児の良い点、苦労する点をあげてみました。

1歳差の兄弟の場合

現在、年子の子育てをしている人は案外、少ないように見えます。実際、母親の体の回復を考えると、1歳差の子どもを妊娠するにはいくつもハードルがあります。

さらに、赤ちゃんがいるところに、さらに赤ちゃんを迎えるようなものですから、それなりの覚悟が必要です。

深夜の授乳中に上の子が夜泣き・・・なんてことは度々あると考えましょう。

しかし、子育て期間が一気に終わる、同時に幼稚園や小学校、中学校となるので、スケジュール管理が楽というメリットもあります。

上の子のお下がりを、一端、奥にしまう前に使えます。しかし、幼稚園や学校グッズを、兄弟間でお下がりをするのは難しくなります。

子どもに兄弟を作ってあげたいけれども、早く仕事をしたい、自分の時間が欲しいという人にはお勧めです。

兄弟で同じ遊びができるのも楽しみの一つでしょう。

2歳差育児の場合

2歳差育児は何かと手がかかります。下の子を出産するとき、上の子は2歳。2歳といえば、いやいや期真っ只中です。

生まれたての赤ちゃんより、2歳児の方が手がかかることもしばしばです。重い2歳児と赤ちゃんを二人抱っこすることも覚悟しましょう。

しかし、どんなにわがままを言ったり、甘えたりしていても、上の子は自分が年上だと気付いています。

小学生になる前には、下の子の面倒を見たり、遊んだりしてくれるでしょう。

3歳差育児の場合

下の子が生まれるとき、上の子は3歳。3歳ともなればたいていのことは自分でできるようになっています。

靴を履く、着替え、食事の仕方も上手になっているでしょう。お手伝いも上手になっていることと思います。

だから、簡単な下の子の面倒を見ることくらいできるようになっています。

上の子が下の子の面倒を見てくれて、親が助かることを期待するなら、3歳以上の年の差が欲しいところです。

3歳差育児の大変なところは、入学・卒業が重なることです。運悪く日程が重なり、おうちから誰も出席できないというお宅もあるようです。

式当日だけではなく、入園・入学の準備が重なるだけで、親は大変なものです。一通り必要なものをそろえると、出費も膨らみます。

幼稚園、小学校、中学校といった学校の受験を考えると、3歳差はまさに兄弟、同時受験となります。

受験生二人で、何かと大変という心配もありますが、お互い切磋琢磨して受験勉強に励むことも期待できるでしょう。

4歳以上年の差がある育児の場合

4歳以上、兄弟の年の差があると、出産する母親にとっても久しぶりの出産になります。4年もあけば、育児グッズも育児のやり方も変わっているところが出てきます。

特に6年を超えてくると、初めての育児を2度体験するようだといいます。

新鮮で楽しいという声もある一方で、下の子の出産より年齢が増えているので体が大変なようです。

しかし、上の子がお母さんの手となり足となり、お手伝いをしてくれることでしょう。

番外編・・・双子の育児の場合

双子と聞くだけで、育児の経験がない人でも、大変なことが想像つくのではないでしょうか。

意図的に双子を生むのは難しいので、番外編として、少し触れたいと思います。新生児期は一日中、授乳とオムツ換えをしているような形になります。

できる限り周りの手を借りて、自身の体をいたわりましょう。幼稚園や保育園、小学校に入ると、行事のときはいつも夫婦の協力が必要になります。

子ども一人に親が一人つく形になることでしょう。

しかし、子供たちだけで遊べるようになると、同世代の子が家にいる状態になるので、遊び相手には事欠かなくなります。意外と早く、家事に専念できる環境ができるかもしれませんね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!