出産までの変化と状態

妊婦

妊娠することによって女性は「お腹の中の赤ちゃんの成長とともに身体的な変化」が見られるようになります。

初めて出産を経験する女性にとって、何かと不安が多いものであり、ちょっとした体の変化でも心配になってしまうということが多いでしょう。

一般的なことを例にとり、妊娠初期から出産するまでのことをまとめてみたいと思います。

2ヶ月目

妊娠して2ヶ月くらい経つと、赤ちゃんの形がお腹の中で形成され始める時期に入ります。

だからと言って、超音波で心音を確認するというようなことはできませんが、脳や脊髄などが作られる大事な時期です。

女性の心身に変化が見られてくるのは、5週目辺りではないでしょうか。

赤ちゃんはこのとき、器官などが形成されてきて、発育が盛んに行なわれてくる時期です。

そのことによって、女性のホルモンのバランスに変化が見られてきて、イライラしてしまったり、倦怠感が大きくなってしまうなどの情緒不安定な状態になることが多いようです。

また、つわりが起こったり、生理の周期が変化するということが起こります。

このような症状から「妊娠」に気付く人も多く、見た目の劇的な変化というのはまだ見ることができません。

3ヶ月目

妊娠してから3ヶ月目くらいで、赤ちゃんの内臓や爪、輪郭などの形成はほぼ完成に近づきます。

このころになると、心音もはっきりと確認することが出来るようになり、女性も妊娠しているという実感がわいてくるのではないでしょうか。このとき、女性はつわりがひどくなります。

それは異常な状態なのではなく、お腹の中で赤ちゃんがしっかり大きくなっているという現れです。

4ヵ月目

4ヵ月目に入ると、赤ちゃんはお母さんから栄養をもらうための機能が発達し、準備が出来るようになります。

動きも活発になり、初期流産の危険性は格段に低くなるとも言われています。

また、女性自身も身体的な不安定さが改善していき、正常な状態になって行きます。

しかし、胎児が大きくなっていくことで守旧も大きくなりますので、膀胱を圧迫し、トイレの回数が多くなるということがあります。

5ヶ月目

5ヶ月目になると、胎児はもうどんどん活発に動き出します。そして、動いているということがお母さんもかんぎるようになってきます。

このころには、体調が戻りつつありますので、つわりで食事が摂れなかった人も、食欲が出てくるようになります。

胸が張ってくるというのもこの時期から始まります。

6ヶ月目

6ヶ月目に入ると、感覚が発達していき、赤ちゃんは外の音や温度などを感じるようになります。

つまり、お腹をさすると赤ちゃんにも温もりが伝わるのです。

女性はこの時期になると安定した心身の状態を取り戻し、妊娠しているということに喜びを感じることが出来るようになります。

幸せな気持ちでいることが胎児にもよい影響を与えるようですよ。

7ヶ月目

7ヶ月目に入ると、胎児は頻繁に動きはじめます。大脳が発達している時期ですので、自分の意思で動いているということです。

そして、お母さん自身もそのようなことがわかるようになり、楽しい気持ちになれる時期です。

女性の変化では、胃の辺りに不快感を覚える人も多いのですが、胎児が胃を押して、圧迫しているからですので特に心配はありません。

食事の回数を数回に分けるなどの方法で、不快感を抑えることが必要になってきます。

8ヶ月目

8ヶ月目に入ると、聴覚が発達し、外の音に反応して体を動かすということが感じられます。このときに話しかけると、赤ちゃんに聞こえているということです。

また、大きな動き動くだけでなくタイミングが合えば「指しゃぶり」をしている胎児を超音波で見ることができます。

このころから女性の体の中では出産準備が始まっていきます。

よって、お腹が張ってくるような感覚がありますが、検診を受けていれば問題はありません。

9ヶ月目

9ヶ月目になると、いよいよ出産に向けてラストスパートが始まります。胎児はほぼ完璧に近いところまで成長します。

また、この時期から初乳と言われる母乳が出始める人もいます。

10ヶ月目

10ヶ月目、胎児は外に出るための準備を整えておとなしくなり胎動も少なくなります。陣痛が始まり、一番の頑張りどころです。

このときが一番つらいという女性が多いのですが、「赤ちゃんを見たときの感動をいっそう大きなものにしてくれる」とも言う人が多いです。

お母さんになる喜びの瞬間ということなのかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!