魔の2歳児は怖くない!

「子どもは2歳です」と言うと必ずといっていい程「一番大変な時期だね」と同情されてしまいます。赤ちゃん時代はそれ程大変ではなかったという人でもこの時期に育児に悩むという人がほとんど。

どうしてこの時期の子育ては大変なのでしょう。

イヤイヤが始まる時期

2歳頃の子どもはとにかく大変、そんな風に言われています。“魔の2歳児”だなんて言い方をされているので聞いたことがあるかもしれません。

この時期の子どもは自分で何でもやりたがり、暴れる、叫ぶ、大人の言うことを聞かない・・・いわゆるイヤイヤ期に入り子育てに困難さを感じてしまうから「魔の2歳児」と言われているのです。

親にとっては子育ての自信を失ってしまうような、そんな時期なんですね。

実は成長している!

魔の2歳児というのはまさにイヤイヤ期絶頂。でもただ我がままを言っているのではなく、自我が芽生える、つまり自己主張ができるようになっているのです。でもこれが我がままを言っている、駄々をこねているように見えてしまうのです。

このような子どもの行動こそ成長していることに他なりません。

癇癪を起こす、親の言うことを聞かない子どもは悪い子だ、と思うかもしれませんが癇癪などで心のバランスを取っていると言われているんです。

とは言え現実問題、毎日魔の2歳児と過ごすことは我慢の連続。子どもにどんな接し方をすればいいのか分からなくて悩むお父さんお母さんはとても多いのです。

まずは冷静になりましょう

魔の2歳児の相手をするのはとても疲れますし、自分の子育てに自信をなくしてしまう人もいます。特に3歳になると言葉も増え、ますます生意気な口答えをすることもありイライラしてしまう機会も増えるでしょう。

でも子どもを叱るのはちょっと待ってください。

まずは言ってる事を聞き入れてみましょう。すると子どもは話を聞いてもらえることで自分が認められたと感じ安心します。これは子どもだけでなく親にとっても一呼吸置いて冷静になれるのでおススメです。

「魔の2歳児」はどの子にもある普通のこと、怖くありません。

どうしてうちの子だけ?と気にすることはありません。強い欲求を持ち出すのは自立への第一歩を踏み出す時期であるということで喜ばしいことなんですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!