感情的に叱ってしまう

小さな子どもは親の思った通りには動いてくれません。してはいけないこともたくさんするのが子どもです。

悪いこと、間違ったことをすればしっかり叱るのは当然のこと。ですが闇雲に叱っていませんか?

叱るのではなく怒ってしまう

子育てをしていると必ず子どもを叱る、という場面があります。しつけのためにも叱るということは大切なことですが、この叱るということに対して悩むお父さんお母さんが多くいます。

子どもに分かるように話しているつもりが、いつの間にか怒鳴ってしまっている、手を出してしまった、という経験をしたことがあると思います。

いつの間にかヒートアップしてしまい大声で怒鳴ってしまい長時間子どもにお説教してしまっていた、イライラしてしまいつい手を出していた、ということは叱られている、しつけをされている子どもにとっては反抗的な態度のきっかけになってしまうかもしれません。

子どもを叱るという目的から感情をぶつけて怒るという行動へ変わることは危険です。

冷静になって見直してみる

親は何が正しいのかを判断する力、自立できるよう自分をコントロールすることができるようにサポートしていかねばなりません。間違ったことをすれば叱りますが、子どもはなぜ今叱られているのかということをしっかりと理解できなくてはいけません。

叱り方について悩んだり気になる場合、まずは一度自分の叱り方を冷静に見直してみましょう。

叱られている理由に納得できるように伝えられているか、ということがとても大切です。自分よりもずっと小さな子どもに叱られる理由を分かってもらうためには的確に分かりやすく話すことを心がけてみましょう。冷静に話すことは特に重要です。

何度も繰り返すのは当たり前です

イライラして子どもに感情をぶつけてしまうような叱り方をするその原因のひとつは子どもが何度も繰り返すからです。

一度叱られたから改善しない、間違いは何度も繰り返す、これは子どもにとって当たり前のことなのです。ですからこの点にイライラして感情的になるのは無駄だと考えてみましょう。
できない、分からないのは当たり前なのですから一からゆっくり丁寧に話すことです。

叱るのではなく怒るということで、親から感情をぶつけられた子どもは学習する機会を失い、いつまでもしっかりと判断する力が育ちません。叱るのは子供の成長にとって大切なことですが、感情的になってしまわぬように気をつけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!