ベビーシッタ―

赤ちゃん

日本では数が少なく定着していないベビーシッター。ですが、ほんの数時間でも子供を預けることによって、母親も余裕を持てる子育てができるのではないでしょうか?

ですがベビーシッターに任せるという行為には抵抗がある人も多々いるでしょう。

ですが母親に余裕が持てれば、子育てにもより一層の気力、そして活力が沸いてくるのではないかと思うのです。

子育てに休みはない

子育てをするということは、親としての義務です。これは切っても切り離せないもの。子育ての期間中、良い時期もあれば悪い時期があっても続きます。

その中で、母親なら誰もが嬉しさと喜び、その一方で悩み苦しみと、さまざまな場面を経験していくものでしょう。

全てが嬉しさや喜びなら、きっと子育ては苦にはならないかと思います。ですが、子育てはそこまで甘くはありません。

特に幼児期は、子供中心の毎日に振り回されて、ヘトヘトになっている母親のほうが多いのではないでしょうか?

気軽に頼めるベビーシッター

買物から帰ってきて疲れているとき、公園から帰ってきてちょっと休憩したい時、ゆっくりとお風呂に入りたい時。

一日の中で、ほんの少しでも1人でのんびりしたい瞬間があるのではないでしょうか?ですが、子供というものはお構いなしですよね。

ちょっと1人で遊んでいて…そう思ったりもするかと思います。ですが、やはり危なっかしくて目が離せないというのが、母親の心情かとも思うのです。

そのような際に、もっとベビーシッターに気軽に頼める世の中だったら、嬉しい話ですよね。

母親という立場は、世間の流行から離れていくことに焦りを感じたり、孤独な気持ちを抱えていることも多々あるでしょう。

外に出て自分の時間を持つことは、育児に関してプラスになるはずかと感じるのです。

これはネグレストとは全く違います。いつも1人で育児に家事にと追われながらも頑張っている母親へのご褒美として考えてみてはいかがですか?

これはぜひ夫婦で話し合って欲しいと願うのです。

父親ももちろん大変です。養っていくプレッシャーや会社での気苦労もあるでしょう。ですが会社で働いているなら昼休みがあり、トイレに行く時間や休憩する時間だって持てるかと思います。

母親には、そのような1人になる時間、メリハリを持てる時間というものが、子供と2人きりの空間だと持ちずらいのです。

ちょっとした買い物でも必ず子供を連れて行く。目が離せない。1人で家に置いておくなど考えられない―――。子育てはとても大変です。

海外のように気軽にベビーシッタ―を頼むことができるのなら、とても便利ではないでしょうか?

子育てと仕事の両立は1人ではできない

結婚しても女性の社会進出化が当たり前になった今、子育てと仕事の両立で四苦八苦している母親も多いことでしょう。

「子育てしながら仕事が出来る」「子供がいても安心して仕事を続けられる」という世の中なら良いのですが、日本社会は子育てと仕事の両立には、まだまだ問題点があります。

きっと自分たちの両親なら、安心して子供を任せられるという存在かもしれません。

ですが核家族の現代、子供を両親に預けたくても預けられないという家庭もたくさんあるかと思うのです。

決して楽をしたいから頼むのではありませんよね。『余裕を持つ』というほうが確かな答えなのではないでしょうか?

信頼できるプロのベビーシッタ-に安心して頼める世の中になれれば嬉しいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!