イヤイヤ期には大きな意味があります

寝ているだけの赤ちゃんからどんどん成長する我が子をとても愛おしく思う・・・ですが、ある日イヤイヤが始まり親はイライラ。イヤイヤ期は親にとっても大きなストレスです。

この時期はどんな風に乗り切ればいいでしょうか?

イヤイヤ期は人生初の反抗期!

あれもこれもイヤ!

はっきり言葉にしなくても、言うことを聞かないというような反抗的な態度は1歳半~3歳頃によく見られます。なぜこの頃の子どもは反抗的になるのでしょう?

行動範囲が広がるこの時期、言葉を覚え始め、お気に入りのオモチャができたり欲しいものを手に入れたくなります。

欲しいものを買ってもらえるまで駄々をこねる、床に寝転んで手足をバタつかせて大声で泣き叫ぶなんてことをされるといくら我が子でも困ってしまいますよね。

でも、この時期の子どもの我がままはただの我がままではなく成長にとって非常に大切なものだとご存知ですか?

イヤイヤ期は人生初の反抗期。

何でも反抗的になってしまうのは幼いながらも“自分”が確立され自己主張ができるようになった証なのです。

子どもだってイライラ

自分で考えて行動できるようになることに成長を感じても、やりたい放題としか思えない行動が毎日続けばイライラの原因になってしまいます。

言うことを聞いてくれないから大声で叱ってしまったり、もしかしたら手を出してしまった、なんていうこともあるかもしれません。

一生懸命言って聞かせてるのに分かってくれないし、叱ればまたイヤイヤが酷くなるなど悩んでいませんか?

でも子どもだってイライラするんですよ。

自分がしたいようにできない、やりたいことをしているのに怒られてしまう、まだ上手く自分の気持ちを言葉で表現できないといったもどかしさから子どもだってイライラしているのです。

子どもの自己主張を認めちゃいましょう

イヤイヤ期は子どもが自己主張できるようになったという大きな成長が見られる時期。いけないことをして叱ることは大切なことですが、この時期に何もかも叱って親の思い通りに押さえつけることは自己主張はしてはいけないと認識させる恐れがあります。

イヤイヤ期には大きな意味があるのです。イヤイヤ期には子どもの自己主張を受け入れちゃいましょう。

この時期をしっかりと経験しないと将来自分で考えるということができなくなったりやりたいことを諦める子どもになってしまう可能性があります。

この時期は子どもの話をよく聞いて気持ちを落ち着かせてみましょう。

叩いてしまいそうになったら抱きしめてみるのはどうですか?癇癪を起こしてしまったら放っておきましょう。

上手くできているならたくさん褒めてあげましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!