子育ては疲れちゃう!

子どもが生まれたら楽しい子育てがしたいな、なんて考えていた人は多いはずです。でも現実は楽しい子育てなんてとても難しいものです。

どうして子育てってイライラしちゃうのでしょう?どうすればイライラせずに子育てできるのでしょうか。

プレッシャーや不安がストレスに

子どもを育てるというのは愛情はもちろん体力、そして何よりも我慢が必要。ほとんどの、特にお母さんは子育てをする中でイライラした経験があるはずです。

出産前に描いていた通りに子育てができず、そのもどかしさや周囲からの子育てはこうあるべき!というプレッシャーでイライラ。

今はインターネットやさまざまな媒体から情報を手に入れることができます。

自分が知る子育ての考えとまった違う情報が入ってくることや、ちゃんと成長しているの?という不安がストレスとなってしまうのですね。

育児ノイローゼ、鬱病になってしまうことも

子育てが思い通りにいかないことや不安でイライラしてしまう、そして時には周囲から心無い言葉をかけられたり子育ての辛さを理解してもらえないということなど、さまざまなマイナス要因が溜まって育児ノイローゼや鬱病になってしまうことがあるのです。

女性は出産後、妻として家事の他に母親としての育児が加わります。子どもの面倒を見ながら家事をこなすのはかなりハードな生活ですので家に篭りがちになってしまうことも少なくありません。

しかしそんな育児の苦労について理解してもらえないことで心も体も休まらずに心にダメージを負ってしまうのです。イライラに加えて睡眠障害や食欲不振などがある場合は育児ノイローゼだけでなく鬱病の可能性があるので要注意です。

自分を大切に一息入れましょう

子育ては本当に疲れます。ストレスを抱えつつもどうにか一生懸命踏ん張っているのですが、ある時張りつめていた糸が切れてしまうことがあります。

この糸が切れてしまわないようにゆったりした時間を作ることがとても大切ですよ。でも子どもから目が離せないのにそんな時間作れない、と思いますよね。

そんな時こそ夫、家族の協力がとても重要になってきます。

不思議なことにほんの1時間子どもから離れてひとりで音楽を聴く、散歩してくる、美容室へ行くなどでかなり心が満たされるのです。

気分が落ち込んだままで子育てをするのはとても辛いこと。そんな気持ちのままでは子どもや家族に当たってしまうという悪循環を生むだけなのです。

突っ走らずに立ち止まってもいいのです。自分を大切に、一息入れてみましょう。子育てはまだまだ続くんですから。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!