金銭感覚を育てたい!

おつかい

子育ての中で、おこづかいについて悩んだことはありませんか?

おこづかいの考え方は、実に各家庭様々です。 金銭の問題なので、ママ友にも相談しにくく困ってしまいます。

子どもたちが社会に出るころ、世の中がどうなっているか分かりません。

だからこそ、しっかりした金銭感覚をもった子に育ててあげたいことろです。

おこづかいのあげ方、どうしてる?

子どものおこづかいのルールは、与え始める時期や金額に大きな差が出るポイントです。

おこづかいをある程度、子どもの自由に使わせるという方針は多くの家庭で共通しています。

しかし、どの範囲までおこづかいで支出するのかという点が、各家庭で分かれるようです。

子どもの服や文具、必要なもの全てをおこづかいから出すように言っているという家や、必要な物は買ってあげるので、娯楽費・交際費をおこづかいからという家があります。

お手伝いをしたらその都度渡す、必要な物があると言われたときだけ渡すという家もあります。

これらは、各家庭の方針なので、善し悪しをつけるものではありませんが、もし、子どもに金銭感覚を身につけさせたいなら、決まった金額で、やりくりするということを経験させることです。

カードゲームにお金をつぎ込んで、必要なものが変えなくて困ったというような失敗も、金銭感覚を身につけさせるには大切なことです。

子どもがおこづかいが足りなくなったと言ってきたとき、どう対応するかが親の腕の見せ所です。

おこづかい、いくらあげる?

渡しているおこづかいでどこまで買わせるのか、これにより金額が変わってくるようです。

小学1年生に2000円を渡しているというお家は、一見、多いように見えますが、そこから学校で必要な消耗品や服まで、全部自分で出すように言っているそうです。

すると、実際、好きなことに使える金額はぐっと減りますね。

必要なもの全ては親が買ってあげるので、おこづかいは好きなことに使うというお家は、おづかいとして渡す金額も多くないようです。

小学生のおこづかいの平均は1000円未満に対し、中学生になると1000円以上、高校生になると4000円以上と、年齢ごとに増えている様子が見て取れます。

高校生になると、おこづかいの中に昼食代や携帯代が含まれてくるので、高額になるようです。

いくらのおこづかいを渡すにしても、どこまでそのおこづかいで支払うべきか、しっかり伝えることが肝心です。

おこづかい、いつからあげる?

早い人は幼稚園・保育園の頃からおこづかいをあげ始めています。

小さいうちは、定期的ではなく、お手伝いをしたから、頑張ったからご褒美にという形が多いようです。

そして、小学生高学年頃までには、定期的に渡すようになります。

また、もうちょっと先でいいかなと考えていたのに、子どもの友達がみんなおこづかいをもらい始めて、仕方なくあげ始める家もあるようです。

おこづかいは子ども自身が稼いだお金ではありません。

もとはパパやママが稼いだお金ですので、大切に使う必要があることをしっかり伝えることは重要です。

おこづかいをあげ始める年齢はいくつでも構いませんが、大切に使う必要があるお金だということが理解できる年齢になっていることが、条件の一つになるでしょう。

おこづかいは各家庭の経済状況が様々なので、それぞれの考えがあって当然です。しかし、漠然と渡すのではなく、何のためにあげているのか考えてみましょう。

おこづかいをどうやって使うべきか、どういう思いがあって渡しているのか、しっかり話す機会を設けましょう。

また、おこづかいを渡していても、親が使い方を指示しては何の勉強にもなりません。子ども自身にお金について考えさせることが大切です。

子どものころに、しっかりした金銭感覚を身につけないと、大人になってからのお金遣いに影響します。

大人になっても親におこづかいをねだりに来る、足りなくなったら簡単に借金をしてしまう・・・そのように子どもをしないためには、小さい頃におこづかいを通して勉強させることが必要です。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!