「仕事があるので」が免罪符? 押し付けられるPTA役員

教室

子供が生まれて学校に通い始めると、親は自動的にPTAの会員になります。

そして役員の仕事が回ってくるのですが、中には仕事をしていることを理由に協力せず、他の人に押し付けてしまう人もいます。

大変なのはみんな同じなのに困ってしまいますよね。このようなとき、どうすればうまくかわすことができるのでしょうか?

逃げまくるワーキングマザー

くじ引き、立候補、推薦など、選出方法は学校によって様々ですが、役員に決まると会議や行事の手伝いなどでしょっちゅう学校に通わねばならず、責任が増す高学年になるにつれてやる人が少なくなるのが現状です。

そこで多くの学校では「子供一人につき役員一回」「ポイント制」などの決まりを設け、なるべく不公平にならないよう策を講じています。

しかし、毎年必ず「仕事があるので役員はできません」と言い出す人がいて、散々もめた挙句、結局専業主婦に何度も回ってくることになるのです。

また、たとえ当たった人がしぶしぶ役員を引き受けたとしても、与えられた仕事をやらずに逃げてしまうこともあります。

そうなると、そのしわ寄せが来るのはやはり専業主婦なのです。

はじめが肝心! 役員を押し付けられそうになったときの対処方法

まず「当たった人が役員」というルールを押し通すことです。「忙しいなら仕方ないわね」と代わってしまうと甘える人が続出します。

そして、最初によく話し合ってできる仕事を分担してもらいます。

毎回の参加は無理でも、自宅でお知らせプリントを作るなど何かできることはあるはずです。

「最低限の義務さえ果たせばよい」となれば、何がなんでも役員から逃れようとする人も減ります。

要は「役員は大変」というイメージを少しでも軽くしてあげることが大事なのです。

誰かがやらなくてはいけないのが役員。そして、すべての保護者に責任があるのもまた役員です。

子供たちのため、お互い協力し合って円満に進めていきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!