お手伝いはしつけに最高です!

手伝い

皆さんはお子さんにお手伝いをさせているでしょうか。

お手伝いは子どもの成長に学ぶべきことがたくさんあるのでぜひ積極的にお手伝いを取り入れてみませんか?

でもやらせればいいというものではありません。

お手伝いでしつけを

子育てをしている最中というのはやらなくてはいけないことがいっぱいです。

やらなくてはいけないことがいっぱいなのに、そんな時に子どもが大騒ぎをしたりなかなか言うことを聞いてくれなくて思い通りに物事が進まずにイライラするなんていうことは日常茶飯事です。

お子さんに教えていくべきことがあっても、どうしても叱った流れで「ああしなさい、こうしなさい」という言い方をすることになるので、子どもにとっては叱られているだけ、親にとっても落ち着いて話をしていない場合が多いので特に小さな子どもには上手く伝わらないことの方が多いかもしません。

子どものしつけを考える時、ぜひお子さんにお手伝いをさせちゃいましょう!

子どもはお手伝い大好き!

実は子どもはお手伝いが大好きです。

幼稚園などに通い始める自分のことだけでなくお友達や下の子達のお世話や昼食時にテーブルを拭いたりお茶を配るなどたくさんのお仕事をし始めます。きっとこの時期にお家でもお手伝いしたい!というお子さんも増えると思います。

お手伝いしたいと思うのは自分で色々なことができるようになる頃で成長している証。

自分でやった方が早い!なんて思わずにこの時期にお手伝いしたいという気持ちを大切にしてあげて欲しいと思います。

お手伝いは自分のことから始めましょう。もちろんお子さんがやりたいと思うことを無理のない程度にお手伝いさせるのもおススメです。

ちょっと頼りないかもしれませんが、失敗しても叱ったりしないでくださいね。

お手伝いは自分で学べる素晴らしいものです

お手伝いはなぜいいの?

自分が生活している上で何が必要なのか、誰かが代わりにすることでいつも通りに生活することができる、お手伝いがイヤだと思ってもきちんと続けなくてはいけないということを学ぶことができます。

家族のことを考え、当たり前のことがどれだけ大変なことなのかと知ることができ感謝をする気持ちも生まれます。

またお手伝いをしている中で失敗してしまってもどうすればいいのかという問題解決する力を付けることができますので、お手伝いそのものがしつけとして成り立つのです。

お手伝いはお子さんが自分で学ぶことができる大切な時間です。無理矢理やらせることはダメですよ。失敗があったらたくさんアドバイスをして温かくお子さんの成長を見守りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!