食事が子どもの心と体を成長させます

子育てをしている最中は子どものしつけや遊び方、教育、生活のあり方などについて悩みは尽きません。その中のひとつには食事の悩みを抱える人は多いものです。

「食育」と言われるように食事も子育てにとってとても大切なものなのです。

ごはんを食べなくて心配

幼児期になるとごはんを食べてくれない、好き嫌いがある、遊び食べというようなことでお母さんの悩みは増えてきます。

思ったように食べてくれないということがあると食事中にイライラしてしまう、食事の時間が苦痛だというお母さん達はとても多いのです。

1歳頃から幼児食をスタートさせるご家庭は多いのですが、たくさん動き出す時期ですからごはんもたくさん食べるはずだと思っていたのにさっぱり食べてくれない、食が細くて心配だということを気にしていませんか?

個人差があるのはもちろんですが、もしかして最初からたくさんのご飯やおかずを並べていないでしょうか。

食べたいものは食べたいように

小さな子どもには、食べて欲しい量よりも食べられる量をお皿に並べてあげるといいでしょう。

たくさん食べて欲しいと思うでしょうけれどグッと我慢して、まずは少しずつでも完食して「すごいね」と言ってあげること、足りなければおかわりをすればいいということで子どもは達成感を得られます。

食事を手づかみでグチャグチャに散らかして食べることを見てイライラしてしまうこともありますよね。でも子どもにとって食べたいように食べるというのは子どもの自我の表れなのです。

できれば見守って欲しいと思います。手づかみすることでどんな食べ物か、感触を確かめているんですよ。

健康的な食生活を送るのが理想的です

小さな子どもと一緒に食事をするというのは実はなかなか大変です。

食べてくれなかったりグチャグチャにされてしまっては確かにイライラしてしまうことでしょうが受け入れてしまうと意外と楽になります。楽しい食事ができるように家族で協力し合うことが大切ですね。

食育と言われていますが、食事は成長にとってとても大切です。栄養バランスの良い食事は大切ですが、規則正しく、そして家族で楽しく食事をするということが重要です。

子育て中は何かと忙しいのでつい子どもが食べている間に、ということもありますができるだけ一緒においしく食べることを心がけましょう。

このような食生活で子どもの脳も活性化され、健康な心と体を作ることができるんですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦兼ライターの藤村華子です。 自分自身、思い通りにいかない子育てに悩みつつ、毎日奮闘しています。ママ友関係でもいろいろ……。 そんな経験を生かしつつ、役に立てるような記事が書けたらいいなと思っているので、どうぞよろしくお願いします!