お花を贈るなら最近は赤いカーネーションとは限らない!

母の日定番の贈り物といえば赤いカーネション。でも毎回毎回赤いカーネーションを贈るのも双方飽きて来ますし、たまには少し趣向の違ったお花を用意してみてはいかが?

最近では赤いカーネーション以外にも様々な種類のお花や商品が用意されており、贈り先の好みやライフスタイルに合ったものがチョイス出来ます。

いつもと違ったお花を贈って、お姑さんを感動させちゃいましょう。

カーネーション以外にもこんなお花贈ります

昔は母の日と言えば赤いカーネーションを贈るのが定番でしたが、今はそれ以外のお花やアレンジメントなんかも贈りますよ。

鉢植えならアジサイやバラ、ランやベゴニアなんかを贈る人が多いですし、ブーケ以外にもバスケット、アートフラワー、プリザーブドフラワーなんかにして贈る場合も増えて来ています。

様々な花を組み合わせたアレンジメントならガーベラやバラ、アルストロメリアなどをカーネーションと合わせてブーケやバスケットにしたら、カーネーションだけのものよりきれいで楽しいですね。

またカーネーション一つとってみても、今は黄色、ピンク、白、オレンジ、青、紫に濃赤などとても多彩ですし、花弁のフリルも様々で楽しいです。

どの花をどの色でどのような形で贈るかは、あなたのセンスの見せ所です。

カーネーションのブーケだけじゃない!楽しいプレゼント選び

ブーケやバスケット以外にも、最近は様々なフラワーベースを用いたアレンジメントが豊富で、陶器やガラスで出来たおしゃれなものから、可愛いモスのウサギやクマがついたものまで様々です。

それがプリザーブドフラワーやアートフラワーになるとよりスタイルは多彩になり、プレート型やクリアボックス型、缶型やボックス型など、アレンジは自由自在です。生花ではないので、お手入れ簡単で長持ちするのがいいですね。

また最近は様々な企業とコラボしたお菓子やアロマ、ハンドクリームなどとのセットギフトなんかも人気です。

お花プラス何かお姑さんのお好きなものを添えると、より好印象になりますね。メッセージプレートに「お母様 いつもありがとうございます」など言葉を添えても嬉しいですね。

お花を贈る際の注意点

お姑さんはどんな色がお好みですか?どんなお花をどのようなスタイルで贈るかよりもずっと重要なのがそう、色のチョイス。

以前わたし自身が、色選びで失敗した事があります。

それはわたしの結婚式で実母と義母に感謝のお花をプレゼントする場面がありました。

わたしは「実母は赤系、義母は青系」と勝手に思い込んでいたのですが、後で聞いてみると、なんと実母は青系を、義母は赤系を好きで、お互いに贈られた花を羨ましく思っていた事が分かりました。

色だけは事前に「何色がお好きですか?」と聞いておいて損はないと思います。

また可愛い系がお好きなのか、それともクール系がお好きなのか、住んでる住まいのインテリアなども意識しながらそれに合うデザインを選んでもいいかもしれませんね。