うっかり忘れてしまっていた! お姑さんの誕生日

お嫁さんからしたら一大事?! お姑さんの誕生日を忘れていた・・・。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

人間誰しもうっかりミスはあるものです。あまり気にしすぎないで、肩の力を抜いて考えてみましょう。

お嫁さん一人でどうにかしない!

お姑さんの誕生日は、良好な嫁姑関係を保つのに大切な日と言えるでしょう。普段から交流があればますます仲が深まるかもしれませんし、普段疎遠であっても、連絡を取る良いきっかけになる一日です。

お嫁さんからしたら、抜かりなくチェックしておきたいところですよね。

けれど、お姑さんの誕生日をうっかり忘れてしまった・・・!!なんて経験、ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お嫁さんからしたら焦ってしまうかもしれませんが、大丈夫!人間うっかりミスは誰にでもあるものです。

忘れていたのは旦那さんも同じです。まずは旦那さんから、電話でお祝いをしてもらうのはどうでしょうか?

数日しか経っていなければ、連絡が遅くなって申し訳ないこととお祝いの気持ちを伝えましょう。

あまりに日にちが経ってしまった場合、「忘れていた」とわざわざ言うか言わないかは、ケースバイケース&お姑さんの性格にもよるかもしれませんね。

少し遅れてしまったとしても、お祝いの気持ちを伝えられたら嫌な気はしないはずです。

お嫁さん一人でどうにかしようと頑張らず、旦那さんから上手に伝えてもらいましょう!

気持ちをこめて、ちょっと豪華に。

普段から交流がそこそこあり、会える距離にいるようでしたら、遅くなってしまった分豪華にお祝いするのはどうでしょうか?

例えば、お姑さんが好きな物で、贅沢な部類の物(お寿司やうなぎなど)を食べに行くのも良いですね。

もしくは、甘党のお姑さんであれば、ちょっと名の知れたケーキを手土産にお伺いするのも素敵ですね。

うっかり忘れてしまっり、そういえばここ何年かお祝いの電話やメールですませてしまっているなあ・・・なんて場合には、たまには豪華なお祝いも喜ばれるかもしれませんよ。

大丈夫、次回があります。

お姑さんの誕生日を忘れていた場合もそうですが、嫁姑関係で大切なのは、「気にしすぎない」ことかもしれません。

お嫁さんからしたら大変なミスに感じても、お姑さんはあまり気にしていないということもままあることです。

当日忘れてしまっていても、思い出してお祝いをしようと思う気持ちは、十分相手に伝わるのではないでしょうか。

それに、こう言ってしまっては身も蓋もないのかもしれませんが、忘れてしまったものは仕方ありません。誕生日は毎年あるものですので、来年忘れなければいいのです!

旦那さんにも協力してもらってお姑さんのフォローをしつつ、来年の計画を皆で立てるのも、楽しいかもしれませんよ。

お嫁さんだけで考えすぎず、負担にならないようにして下さいね。