それでも贈った方がいい? いらないと言われている場合

母の日のプレゼントはいらないわ、気にしないでね。

お姑さんから事前にそう言われたら、ありがたいのか、余計に迷路に迷い込んでしまうのか・・・。お嫁さんとしては一体どうしたらいいのでしょうか?!

お言葉に甘えてみる・・・でも、フォローは忘れずに!

母の日に贈り物をするお嫁さんも気を遣いますが、もらう側であるお姑さんも案外気を遣っていることは見落としがちです。

お姑さんの性格によっては、「気を遣わないでね」「プレゼントはいらないわ」など、事前に伝える方もいるかもしれません。

しかしそうは言われても、お嫁さんの立場としては悩みますよね。

さて、お姑さんから事前にプレゼント辞退を伝えられている場合、一体どうするのが一番良いのでしょうか。

あまり考えすぎても疲れてしまいます。ここは、文字通りに受け取って、お言葉に甘えてしまうのはいかがですか?

母の日に気を遣うのはお互い様。毎年何か用意するのは大変でしょう、というお姑さんの気配りを素直に受け取ってしまいましょう!

その分、当日にお祝いの電話をしたり、写真つきのメールを送るなどしてみてはいかがでしょうか?ちょっとした気持ちを表すだけで、お姑さんとの関係がぐっと良くなるかもしれませんよ。

物を贈るのではなく、楽しい時間をプレゼントする。

お姑さんからしたら、毎年プレゼントを選ぶのも大変だろうし、負担になるだろうからと気を遣ってくれているのかもしれませんね。

でも、その気持ちはありがたいけれど、やっぱり何もしないというわけにも・・・と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

そんな時は、みんなでお姑さんの好きな物を食べに行く、というのはどうですか?勿論、息子である旦那さんからお姑さんの好きな食べ物をリサーチすることは抜かりなく!

何も、物を贈るだけがプレゼントではありません。お姑さんからしたら、旦那さんはいくつになっても可愛い息子。

家族みんなで食事をするその賑やかな時間が、何よりのプレゼントかもしれませんよ。

一年に一度の母の日、近況報告がてら皆で集うのも素敵ですよね。

一緒に買い物に行って選んでもらう

日本語の面倒くささと言いますか、本心がわかりにくいこともありますよね。

お姑さんが竹を割ったような性格の場合、言葉通りに受け取って問題ないと思いますが、そうではない場合も勿論あるかと思います。

「気を遣わないでね」の中には、「好みじゃない物をもらっても困ってしまう」「お花ばかりもらっても飾る場所がない」といった気持ちが隠れていることもあるかもしれません。

旦那さんにも相談してみて、お姑さんの本音が少しでも掴めた場合は、お買い物に誘うのもひとつの手かもしれません。

二人だけで行くのが少し気まずいようでしたら、旦那さんにもついて来てもらうのが良いでしょう。

お姑さんが自分で見て、気に入った物をプレゼントすれば、間違いありませんね。母の日だから一緒に買い物に行きましょうと言われたら、お姑さんだって悪い気はしないはずです。

お姑さんの本心を読み解くなんてそうそうできるわけがありません。

けれど、毎年の母の日を一緒に過ごす中で、お互いに少しずつ理解が深まるかもしれませんよ。