お金がない! そんな時はどうしたらいいの?

母の日のプレゼント代が家計を圧迫・・・なんてこと、ありませんか?

でも、ちょっと考えてみて下さい。母の日とは本来、日頃の苦労を労い感謝を伝える日なんですよ。

お金を沢山かけなくても、気持ちを伝える方法はあるはずです!憂鬱だった母の日を、楽しいイベントに変えてみませんか?

お姑さんが本当に喜ぶのは?

母の日は「何かプレゼントしなくちゃ!」と、まるで義務のように考えていませんか?

母の日は毎年あるものですし、更には父の日、お姑さんの誕生日・・・などなど。すべてを良いお嫁さんとして完璧にやろうとしたら、お金がいくらあっても足りませんよね。

そこで、お金をかけるだけではなく、気持ちを伝える方法を考えみませんか?

離れて暮らしている場合、母の日に電話を掛けてみるのはどうでしょう。自分の息子や孫の近況報告が聞けるだけで、お姑さんにとっては案外嬉しいプレゼントになるかもしれませんよ。

また、写真つきのメールを贈ったり、写真を添えてお手紙を贈るのも素敵ですね。

お金を掛けるだけがプレゼントではありません。お姑さんが本当に喜ぶことは何か? という視点で考えてみるといいかもしれませんね。

低予算でもセンスのある物を

そうはいっても、新婚の頃は張り切って値のはる物を贈ってしまっていた・・・なんて方もいるのではないでしょうか。

今更あからさまに予算を削りにくいと感じているのであれば、少ない予算でも豪華に見えるプレゼントを探してみましょう!

お花が好きなことが分かっていれば、胡蝶蘭はいかがですか?胡蝶蘭=高いという世間のイメージがありますが、小ぶりな鉢でしたら、案外リーズナブルに購入できるんですよ。

また、予算を抑えても、ちょっとセンスの良い物を贈りたいのが嫁心ですよね。そんな時は、お姑さんの名前と同じお花を贈るのはどうでしょうか?

紫陽花やバラには、日本人の名前がつけられた品種があるんですよ。

高い物を無理して贈らなくても、予算の中で工夫できれば、十分気持ちは伝わるのではないでしょうか。

手土産を持って顔を見せに行こう!

お姑さんに、どのくらいの頻度で顔を見せに行っていますか?多くてもお盆と正月くらいという方がほとんどではないでしょうか。

県内だったり、そんなに遠くなくても、案外そうなってしまいますよね。

「便りのないのが良い便り」と言うくらいですし、何かと忙しい現代、仕方のないことかもしれませんね。

でも、だからこそ時間を作って、母の日に手土産でも持って顔を見せに行くのはどうでしょう?

電話やメールも勿論喜ばれるとは思いますが、やっぱり顔を見て話す時間が一番、お互いの距離を縮めてくれますよね。

プレゼントしなくちゃ!と考えると毎年悩みのタネになってしまうかもしれませんが、母の日だからお茶でも飲みに行こうか、くらいの気持ちでいると、お互いに楽しい時間を過ごせるかもしれません。

お嫁さんとお姑さんの距離感は気を遣うものですし、それはきっとお互い様ですよね。でも、母の日というイベントをうまく利用して、近況報告がてら遊び行ったら、きっと喜ばれると思いますよ。