上級者は物を贈る

「贈り物は残らない物を」というのが贈り物の鉄則ですが、お姑さんの好みを熟知しているセンスのいい上級者は、あえて残る物を贈ってみるのもいいかもしれません。

めでたくお姑さんのお気に召す物を贈れた暁には、「わたしの事を理解して、センスが良くて気が利く良い嫁」の称号を頂く事が出来るでしょう。

いくつあっても困らないアイテムを

贈り物の定番といえば、ハンカチや食器ですね。これならいくつあっても困りませんし、種類も豊富で色々選べます。

そういえばお母様は花柄がお好きだったな、この前家に行ったらティーカップがもう一組欲しいって言ってたっけと、普段のお姑さんのライフスタイルや服の好みなどを考えながら、喜んでもらえる贈り物を選ぶ時間は楽しいものです。

その他にも、おしゃれなお姑さんには化粧ポーチ、スカーフ、香水、アクセサリーなどのファッションアイテムや、料理好きのお姑さんにはカトラリーや調理器具などのキッチン用品なんかもいいですね。

会った時にそれを使ってくれているのを見たら嬉しい物です。また同居しているなら、密かに自分が欲しかった物をプレゼントとして贈り、一緒に使わせて貰うのも、手かもしれません。

いずれにしても、自分も使いたいと思える一品を贈りたいものですね。

自分では中々買わないけど、もらうと嬉しいかも

自分では中々買えないけれど、貰うと嬉しいかも、って物、ありますよね?

例えばアロマグッズ。部屋に置くだけで良い香りのするフレグランスディフューザーなんて簡単でおしゃれですし、お香やアロマキャンドルの香りには最高に癒されますよね。

それから美容グッズや健康グッズなんてどうですか?

首を揉んでくれるネックマッサージャーや、椅子に敷くだけのクッションマッサージャーなど、最近は様々な小型マッサージ機が手頃なお値段で手に入ります。

また美意識の高いお姑さんには、美顔器やスチーマーでお肌の調子を整えるお手伝いをしたり、エクササイズグッズを贈っていつまでも健康で若々しくいて頂きましょう。

一緒に買いに行く?

ここまで色々と書いて来ましたが、何を贈れば良いのか迷ったら、もういっその事お姑さんと一緒に買いにいくのも良いかもしれません。

女二人で色々話しながらショッピングすればお互いの趣味も分かりますし、次の贈り物の参考にもなりますね。

お姑さんにとってはお嫁さんが一緒にショッピングしてくれたら、それが楽しい時間という一番の贈り物になるかもしれません。

女二人きりだからこそ話せる事、夫への不満や愚痴なんかも「しょうがない人ね」なんて笑い飛ばせちゃいますし、これから夫と喧嘩するような事があっても味方になってくれる事でしょう。

「お母様、今日は母の日なので、一緒にプレゼント選びに行きませんか」と言われて嫌な気のするお姑さんはいません。