お姑さんの誕生日、どうやって祝っている?

お姑さんの誕生日、皆さんはどうやってお祝いをしていますか?

お祝いの仕方は人それぞれ。お姑さんとの親密さや、物理的な距離などによって千差万別です。そんな中で、どんなお祝いの仕方があるのか、いくつかご紹介しましょう。

程よい距離なら、程よくお祝いを

まず、お姑さんと同居をしてはいないけれど、比較的近くに住んでいる、という人は、お誕生日当日ではなくても、会いに行って、直接、旦那さんと選んだプレゼントを渡すというケースがあるようです。

頻繁に会う関係であれば良いかもしれません。旦那さんが、毎年自分の母親の誕生日を祝う習慣があるという人だった場合は、新たな提案はせず、旦那さんのやり方に従いましょう。

遠いところに住んでいるからといって、スルーは禁物!

物理的な距離が遠く、直接会ってお祝いをすることが難しい場合は、プレゼントをお姑さんの誕生日当日に自宅へ送り、電話でお祝いの言葉を伝える人が多くいるようです。これが一番オーソドックスなお祝いの仕方かもしれません。

かしこまった席を設けると、お互い気を使ってしまいますし、お互いのストレスになってしまいます。普段から心の距離もあるような関係であれば、無理に会いに行ったりする必要はないでしょう。

毎年あるイベントなので、それが慣例化してしまうと、年々、面倒な気持ちが高まってしまうかもしれません。ストレス要因を出来るだけなくすことが、お姑さんとの良好な関係作りには不可欠です。

同居の場合は非日常感の演出を

お姑さんと同居している場合は、やはりちゃんとしたお祝いをしなればなりません。

一緒に住んでいるのに、そっけなくされては、お姑さんも良い気はしないでしょう。

食卓に並べる料理を少し豪勢にするだとか、家族全員で食事に出かけるなど、日常とは異なる特別感を演出してあげれば、お姑さんも悪くは思わないはずです。

できれば関わりたくないのなら…

また、お姑さんとよそよそしい関係である場合、できるだけ距離を置きたい場合は、誕生日当日に、お姑さんへ、プレゼントとバースデーカードを贈るというパターンもあるようです。

どんなに頑張っても、お姑さんと性格が合わない、という人はこういうお祝いの仕方でもいかもしれません。

直接会ったり、電話したりすることは、精神的な負担が多いものですが、手紙、それもメッセージカードであれば、特に長い文面を考える必要もありません。

さらりとお祝いの言葉を書いて、花束などの当たり障りのないプレゼントを贈ると良いでしょう。

お姑さんとの関係で変わるお祝いの仕方

参考になるお祝いの仕方はありましたか?お嫁さんであれば、多くの人が悩むこのイベント。波風を立てず、穏やかに過ごすため、ご家庭によって色々な工夫をしているようです。

自分とお姑さんの関係を改めて考えてから、今度のお姑さんの誕生日に何をしてあげるか決めてみてはいかがでしょうか?