お姑さんはどんな人?プレゼントを選ぶポイント

「このプレゼント、お義母さん気に入ってくれるかなぁ…。」

義理の母親という、お姑さんへのプレゼントって、何を選べばいいのか悩みどころですよね。渡すからには喜ぶものを贈りたいと思うのは、贈る側の永遠のテーマでしょう。

そんな風に一生懸命に悩むあなたにやって欲しいのが事前観察です。

実母ならとっても簡単なのに…

実の母親へのプレゼントなら、趣味も趣向もある程度分かっています。ですので、あれやこれやと頭に思い浮かぶことでしょう。それが義理の母親となると悩んでしまうのだから不思議なものです。

また気心知れた実の母親であれば、渡したプレゼントに不平不満を言われても、軽く受け流すこともできるかと思います。「あれ?気に入らなかった?ごめんね。来年は期待してて!」で済ませることのできる存在です。

ですが相手がお姑さんとなると、そうはいきませんよね。

選んだプレゼント、感想は気になるもの

大抵のお姑さんなら、どのようなプレゼントでも「有難うね!」そう言って受け取ってくれるかと思います。

ですが、自分の居ない場所で何を言っているか想像すると胃が痛くなる、というお嫁さんも多いのではないでしょうか?

お姑さんの反応が分からないのは気を揉むことでしょう。万が一、旦那さんを通して気に入らなかった類の話を聞かされてしまったら…それはそれは大変なショックです。

旦那さんもそのような事は気を使って黙っててくれれば良いのですが、男性はそういった繊細な部分に対しての鈍感さを持ち合わせている生き物です。

男性は実の母親のことを見ていない?!

嫁姑として―――、今後の関係がギスギスしたり無駄な心配をしないためには、やはり相手が喜んでくれるようなプレゼントを選びたいものです。

大喜びとはいかないまでも、ニッコリ微笑んでもらえるプレゼントを贈ることができれば御の字ではないでしょうか?

ですが、今まで一緒に暮らしてきた訳でもない年上の大人、友人のような距離にはならない緊張感を持つ相手、あれこれ詮索するように好きなものを本人に訊ねるのは気が引けてしまいます。

苦肉の策だと分かりつつも、横にいる旦那さんに尋ねる人も多いことでしょう。彼にとっては長年育ててくれた母親ですものね。

ですが大半の旦那さんは、何がいいかな?どんなものが好きなの?と尋ねたら、このような返答ではないでしょうか?

「えっ?う~んと…、甘いものかな?」

なんとも頼りない言葉ですね。ましてや単に甘いものでも、大福や練りきりのような和菓子が好きなのか、生クリームやフルーツを使った洋菓子が好きなのか…、中途半端な情報では余計に迷うばかりです。

実の息子だからといって、母親の細かな部分を把握している男性はそういないのです。

相手のことを知ることからはじめる

では、どのようにプレゼント選びをすればいいのでしょうか?

これはやはり事前調査が鍵になるかと思います。日頃から少しずつでもお姑さんの興味あることを知ることが大切です。

さり気なく聞き出したり観察したり…、長年暮らしてきた実の母親ではないからこそ、相手を知ろうと思う気持ちを持つことが最善の策なのです。

身に着けているアクセサリーの趣向、愛用のバッグの形、食事に行ったときに選ぶメニュー…、きっと見えてくるものがあるはずです。

またお姑さんから自分に贈られたものなども参考にできる材料になるでしょう。相手にプレゼントを贈る際は、自分の好みも大なり小なり入りますよね。

毎年決まった時期にお姑さんの誕生日はやってきます。その時期が近づいてきて何をあげようか悩んだ際は、まずはお姑さんをよく観察してみてください。

長い付き合いになる相手だからこそ、あ相手の好みを知る必要もあるのです。毎年そのように相手を知ることによって、来年・再来年と年を重ねるごとに、情報はしっかりとした土台になるでしょう。