センスの悪いお義母さんを少しでもお洒落にしたい

「初めて挨拶した時から何となく感じていたけれど、お義母さんってダサい…。」

面と向かってそんなことは言えないですよね。ですが趣味趣向が全く違うお姑さんへの贈り物は、大いに悩むでしょう。

そんなお姑さんに渡す誕生日プレゼントは、どのようなものが良いのでしょうか?

一緒にいてせめて釣り合う雰囲気の服装をして欲しい

結婚すると初めて他人の家族と深く関わることになります。お姑さんは実母にはなりませんが、母親という存在には違いありません。

あまりにも趣味の合わないファッションなどをしていると、一緒に歩くこともためらう気持ちが生じてしまうでしょう。

仮に子供がいたとしたら、お婆ちゃんが奇抜なファッションだと、ハッキリ指摘をしてしまうことも懸念されます。

もしもこれが実の母親だったら、「お母さん、その格好はちょっと変かも…。」と、気張らないで止めることができるのではないでしょうか?

母親にしても、実の娘に言われて腹が立つこともあるかもしれませんが、なあなあで済ますことができる間柄です。

もしかしたらこのような会話が、次へお出掛けへの約束となるかもしれません。

その一方で、義理の母親であるお姑さんには、同じように接することは大変難しいものでしょう。

不用意に指摘できない難しい関係

いくつになっても女性にとって、同性にファッションセンスをマイナスな形で指摘されることは、結構なストレスとなります。

相手が尊敬に値するようなお洒落さんであれば、まだそうはならないかと思います。ですが友達どころか嫁という立場の同性に指摘をされたら…、多くのお姑さんは気を悪くされるでしょう。

そうは言っても、お姑さんは母親として家族になった存在です。一緒に外食・一緒にショッピング・一緒に旅行と、少しでも素敵だと感じられるセンスいいお義母さんとして隣にいて欲しいですよね。

手を出し過ぎると、大きなお世話となる難しい問題、どう対応するか…お嫁さんの試される時かもしれません。

お洒落な姑に変身させたい嫁の願望

ファッション小物をプレゼントしても、その他のアイテムの選択が壊滅的だったら、そのプレゼントがどんなに素敵で高価なものだったとしても埋没してしまいます。

「せっかくプレゼントしたのに…。」

と、がっくりきてしまうかもしれません。お姑さんのことを考えて選んだものであったら尚更でしょう。

そのような失敗を極力回避するためにも、贈ったプレゼント1つでファッションがビシッと決まるようなアイテムを選びましょう。

家族に協力を仰いでショッピングするのもいい作戦

寒い季節である秋冬がお誕生日のお姑さんなら、コートやジャケットなど良いのではないでしょうか?

また春夏ファッションとして、ワンピースやカーディガンなど…、他の装飾品などに埋没しないものを選ぶのが得策であるかと思います。

もし出来るのならば、思い切って一緒に買い物に行ってみるのも1つの方法です。デパートなど販売員の助言で助けてもらいながら決めるのも良いでしょう。

2人きりはちょっと駄目だけど、夫も一緒なら…という人も、旦那さんと話し合ってショッピングしてみませんか?もしそれが駄目でもお子さんがいるなら、きっとその存在が良い緩和剤となってくれるはずです。

お店へ入ったら自分の好みの洋服を試着してもらい、まずは似合ってると褒めてみてください。

初めは乗り気ではないかもしれませんが、プラスの言葉を言われて嫌と感じる女性はそうそういませんよね。

一緒に行くことによって、サイズの見当違いという悲しい事態も避けられるでしょう。

これがきっかけでより良い関係が築けられれば、こんなに喜ばしいことはありません。