お姑さんの誕生日、こんな過ごし方はいかが?

毎年やってくるお姑さんの誕生日、なにを贈ればよいかはお嫁さんの悩みどころでしょう。

「お母さん何が欲しいですか?」よっぽど砕けた関係を築いていなければ、直球で聞くのは気が引けてしまいますよね。

旦那さんに聞いてもらうのもなんだかあからさま過ぎて…というプレゼントのネタ切れ気味のお嫁さん!形あるものを贈るのではなく、こんな誕生日を過ごし方はいかがですか?

喜んでもらいたくて…毎年悩むお嫁さん

友達など気心知れた相手よりも、あれこれ気を使ってしまうのがお姑さんの誕生日ですね。誕生日の1ヶ月以上前から悩んでしまうなんてお嫁さんも多いことでしょう。

せっかくそつ無く誕生日を過ごしたとしても、すぐに翌年の誕生日を迎えます。1年とは案外と早いものです。

そうやって毎年真剣に悩むお嫁さん、ネタ切れになっていませんか?

お姑さんの趣味嗜好をリサーチして、毎年心づくしのプレゼントを選べば、おのずとその内容は《お姑さんの好きなもの=毎年似たようなもの》になってしまいます。

流行り廃りをよほどチェックしているお姑さんではない限り、1年でそうそうガラッと趣味が変わるものではありません。

適当に選んでいなけれどマンネリ化しがち

かと言っても同じようなものを贈り続けては芸がないですよね。

「確かにこれは好きだけど、毎年似たようなものって…あまり考えてくれてない?!」

毎年同じようなプレゼントをするお嫁さんというのは、お姑さんにとってあまり良い印象ではないかもしれません。

きちんと考えて選んだプレゼントなのに、そんな風に思われてしまったら悲しくなってしまいますよね。できることなら円滑にしておきたいお姑さんとの関係。現状がうまくいっているのなら、迂闊に崩すのは避けたいところです。

良好な嫁姑関係ならば、旦那さんも安心するでしょう。いざ困ってしまった時でも積極的に助けてくれるかもしれません。でも、そんなプレゼントに家計から出せるお金は限られています

心とお財布の負担にならぬ程度に、毎年喜ばれるプレゼントを贈りたい

そんなあなたにおすすめしたいしたいのが、お姑さんとのランチなのです。

お義母さんと一緒に自分も楽しめる過ごし方

お姑さんの好き嫌いをしっかりリサーチしているまめな人だからこそできるお店選び。中華が好きなのか、フレンチもしくはイタリアン…ジャンルを変え店も変えれば、なかなかネタ切れになることはありませんよね。

お姑さんが好きな食材なども知っていたら、より喜ぶお店を選ぶことができるでしょう。

夜は高級なレストランでも、ランチだったら半額でコースを頂けるお店はたくさんあります。

予算を上手くやりくりすればプレゼントと同額程度で、お姑さんも自分も美味しいランチを食べられます。

旦那さん抜きで、平日の昼間にお姑さんを誘って素敵な食事をする。こんな過ごし方でお祝いするのもいかがでしょうか?