マザーゲーム第七話

第七話、最終話に向けて各家庭がクライマックスになってきました。

第一話では希子たちがセレブな幼稚園に入るところから始まり、ドロドロとしたストーリーを想像していましたが、ある意味で予想を裏切った展開になっています。最後は、登場人物のママたちみんなが笑顔になれるのでしょうか。

気合の入った合唱発表会

陽斗が指揮者に選ばれた合唱発表会。普通の幼稚園と違ってどうやらお受験のポイント稼ぎや関係者へのアピール合戦の意味も含まれているようです。

今回登場人物それぞれに背景があって混み入った感情もありますが、やっぱり子供が頑張る姿は感動するものです。

もちろんこれはドラマなのは充分理解していますが、そうであったとしてもこんな小さな子たちが歌を歌って、振り付けを一生懸命して、楽器を演奏しているのを見ると、思わず胸を打たれてしまいました。

印象的だったのが、緊張で演奏できなくなってしまった優輝に指揮者の陽斗が「ゆうきくん、せーの!」と声をかけるシーン。

自分の子供だったら確実に感動して泣いてしまいます。そう思った視聴者のママも多かったのではないでしょうか。

モラハラ姑へ逆襲

第七話で変化があったのは聡子の家族でした。姑からはモラハラ、夫は助けてくれない、長男の優輝ばかり目を向けられ娘たちは傷ついている…そんな最悪の状態で、聡子も家では大人しくしている状況。

それでも以前の希子とのやりとりから少しずつ好転し始めていました。

この合唱発表会では緊張に弱い優輝が本番で失敗してしまい、それを攻め喚く姑に対する聡子の言葉にグッときました。

「私にとって大切なことは家族みんなが笑顔でいられることです。勿論お母様も」

「今後思ったことは遠慮なく申しあげます。今までより厳しいご指導宜しくお願いします。」

なかなか言えない言葉。今まで我慢してきた思いをただ怒りとしてぶつけるのではなく、誰も傷つけない言い方をした聡子。

夫も娘も笑っていましたね。姑が今度どのように変わるかは分かりませんが、聡子には心強い味方が出来たのではないでしょうか。

もう聡子の家族は大丈夫な気がしてすっきりしました。

今後の展開は?

今後の見どころポイントをまとめてみました。

  • 希子家族…元夫の秀徳と再婚するのか?信之助先生の片思いの展開も気になります。
  • 毬絵家族…長男彬の引きこもりと謎の解明。毬絵と希子は良好な関係になれるのか?(今回希子への視線が冷たかったので…)
  • 聡子家族…姑との関係。今回から円満な家庭に向けての緒が見えてきましたね。
  • 由紀家族…借金返済の方法。お金持ちの男性との関係。幼なじみの希子とは昔のような関係に戻れるのかも見どころです。
  • みどり家族…離婚し不倫相手の元へ行くのか?娘の梨香、愛人のいる夫修平とはどうなるのか、気になります。

希子たち親子が入学したことによって、しずく幼稚園の今後も少し変わるのかもしれませんね。

見どころだらけになってしまいましたが、それぞれどうなっていくのか来週も楽しみにしたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳 主婦ライター 夫と小さな子供と暮らしています。 子育てに奮闘しながらママ友について悩むことも多い日々。 同じ立場のママの皆さんに少しでもお役に立てるような記事を書くとともに私の経験や思いを綴っていこうと思っています。