マザーゲーム第六話

希子と他のママとの絡みによって毎回トラブルが解決すると思いきや…余計複雑化してきた第六話。

次回の予告編を見ても更に自体は悪化しているような気もしますが、それでも見たくなってしまう視聴者の心理をうまくついているドラマです。

みどりの不倫

さて今回はみどりを中心としたストーリーでした。夫の修平の不倫を目の当たりにして、子供を連れ家を出たみどり。

思わず頼りにしたのはスポーツ教室のコーチでした。修平はみどりに完璧な妻を求めるなら、自分も完璧な夫であろうとすればいいのに。

幼稚園でみどりにあたる修平を見て、我慢ができなくなった希子は思いを伝えますが、それでも修平の心には届きません。

子供を連れて車で去る修平を涙で追いかけるみどり。来週はどうなるのでしょうか。

みどりは確かに不倫しているかもしれませんが、夫の修平も愛人がいます。修平がもっと妻に目を向けていたら、この家庭は円満だったのかもしれません。

誰が悪いという話ではなく、お互いを思いやれれば不倫なんて無くなると思うのですが…。

幼なじみ由紀の嫌味

希子の息子陽斗が合唱発表会の指揮者に選ばれたことで、相変わらず由紀は嫌味を言います。その後お金持ちの男性に高級時計をもらっているところを目撃したのは希子の元夫秀徳。

根は優しい秀徳は話をふると「自分が嫌い」と思わず由紀の本音がでます。

これから由紀が変わるきっかけとなるのは、実は秀徳なのかもしれません。そうしたら希子との関係性も少しは良くなるのでしょうか。

それにしても、由紀にとって夫は良き理解者とは言えないのでしょう。このドラマには仲が良い夫婦は出てきません。

ほとんどの園児が受験を視野に入れセレブ幼稚園に通う中で、母親としてのプライドも高くなるのでしょうか。怖い世界ですね。

親の顔を見る子供たち

今回注目したのは、子供はみんな親の顔をちゃんと見ているということ。家庭の状況を敏感に感じ取って、子どもたちは自分にできる最善策を取ろうとします。

陽斗はただ切実に「お父さんと一緒にいたい」と願い、今回不倫をしたみどりの娘梨香はその陽斗の家族の絵を破る行動に。毬絵の息子信は「お兄ちゃんの分まで頑張る」と兄のひきこもりに気を使います。

聡子の息子優輝は家族の不穏な空気を感じ体調を崩し始める…。まだ幼稚園生なのに色々なことを感じ取って行動に移したり、不器用にも体で表現したり。セレブ幼稚園という特殊な場所で余裕が無い母親。それでも子供にとっては大好きな親。

親も毎日が必死なのは充分理解できますが、どんな時も子供を一番に考えられる親になりたいものです。

問題を抱えたママたちの状況が良くならないまま、来週は第七話です。希子の今後も勿論ですが、それぞれのママがどのような判断をするのか、見どころ満載の七話になりそうです。

次回のマザーゲームは?

ABOUTこの記事をかいた人

35歳 主婦ライター 夫と小さな子供と暮らしています。 子育てに奮闘しながらママ友について悩むことも多い日々。 同じ立場のママの皆さんに少しでもお役に立てるような記事を書くとともに私の経験や思いを綴っていこうと思っています。